YKTM

アニメ感想・考察ブログ

プリンセス・プリンシパル

プリンセス・プリンシパル8話感想

アンジェとシャーロットの昔話は胸が苦しくなるような切なさがありますね。 ノルマンディー公のスパイに接触(未遂)など、過去から現在にわたって重要な展開のあった8話でした。 Princess Principal8話「case20 Ripper Dipper」感想

プリンセス・プリンシパル7話感想

裏で動いている任務は相変わらず血の匂いですが、表向きは洗剤の匂いがするのんびり回でした。 プリンセスもだんだんとその性格を見せ、ただのお飾りではなくなってきています。 Princess Principal7話「case16 Loudly Laundry」感想

プリンセス・プリンシパル6話感想

あっ、こういう話もあるのか…。 そんな6話でした。 Princess Principal6話「case18 Rouge Morgue」

プリンセス・プリンシパル5話感想

ちせちゃん加入回。 彼女の背景と、そして少し日本の背景とが見えました。 4話で、日本が共和国を見極めているのはコントロールも織り込み済みだったのですね。それともすっかり共和国側に引き込めたとホクホクしていたのでしょうか。 すでに放送が終わって…

プリンセス・プリンシパル4話感想

ちせちゃんが(いつの間にか)チーム入りです。 シャーロットが「吾輩はスパイである。名前はまだない」と言ったことから、スパイ白鳩のABCDのCはちせちゃんだったのですね。 Princess Principal4話「case9 Roaming Pigeons」感想

プリンセス・プリンシパル3話感想

2話から続きものにしたのは視聴者の疑問を捨て置かない感じでいいですね。 今回は姫様に触れるものみな敵なベアトリスの仲間入りイベントでした。 Princess Principal3話「Vice Voice」感想

プリンセス・プリンシパル2話感想

なるほどこういう語り方をするんですね。 何重にも嘘を重ねるアンジェ(とプリンセス)。 彼女たちの行く末が明るいとは思えませんが、ABCD揃ったスパイたちが少しでも幸せに過ごせるよう願ってやみません。 こう見るとちせちゃんは名前からしても経歴からし…

プリンセス・プリンシパル1話感想

「ジョーカー・ゲーム」が静的なスパイだとすれば、こちらは動的なスパイでしょうか。 もはやスパイというより特殊部隊なのではないか?と思いますが、かわいい女の子にダークな世界観。何度見ても良いものです。 適当にかわいいだけではなく、彼女たちがこ…