読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YKTM

アニメ感想・考察ブログ

リトルウィッチアカデミア15話感想

チャリオット・オブ・ファイヤー、火の戦車は旧約聖書に出てくるエリヤを召し上げたものです。エリヤは世紀末的な世の中で信心深かったとして、神の信頼が厚い人物です。また別の場面で、神を信頼する人間にしか見えないが、火の戦車が味方してくれるなんて…

FebriVOL.41感想

もはや公式ガイドブックなんじゃないかというくらいの厚さと熱さがあったフェブリ、リトルウィッチアカデミア特集。 今さらですが感想書きます。 フェブリ感想

リトルウィッチアカデミア14話感想

2クール目ということでアッコたちも新学期。新しい先生のとんだマッチポンプで始まった新展開ですが、行先は大丈夫でしょうか。 新先生に比べたらダイアナの幼さがかわいかった14話感想です。 リトルウィッチアカデミア14話「ニューエイジマジック」感想

リトルウィッチアカデミア13感想

友情を大事にするあまり長いこと嘆いていた亡霊を、まさに友情の力で救った話でした。 12話では悪い方向に発揮されていたアッコの幼い部分が、13話ではロッテとスーシィを動かし、果てはダイアナの心まで揺さぶりました。 もしかしてアッコは「無冠のヒーロ…

リトルウィッチアカデミア11話感想

アッコの夢と魔法界の現状と、そして少しだけ明らかになったアーシュラ先生の思惑と、盛りだくさんでした。 思ったよりも話が大きくなって戸惑いましたが、このアニメなら悲しい結末にはならないだろうという信頼感が強くなった11話、感想です。 リトルウィ…

リトルウィッチアカデミア10話感想

愛しのロッテに魔の手が伸びた10話でした。 魔法モノあるあるの惚れ薬系のドタバタでしたが、アッコの魅力が最大限に表されドッキドキーのわっくわくーでした。 リトルウィッチアカデミア10話「蜂騒ぎ」感想

リトルウィッチアカデミア9話感想

初めて魔法(魔女)に肯定的な人物がアッコ以外で出てきました。 その発言主が故人であり、しかも魔法全盛期だった頃存命の人物だったのはしょうがないことです。が、彼が墓から生き返ったように魔法も再び生き返ることができるのではないでしょうか。 リト…

リトルウィッチアカデミア8話感想

スーシィのスーシィによる一大スペクタクルショーでした。アッコとの友情もくどくならずじわっときました。ディズニーに多大な敬意を払っていたような感じもする8話、感想です。 リトルウィッチアカデミア8話「眠れる夢のスーシィ」感想

リトルウィッチアカデミア7話感想

学園ものでは定番の試験を通じてアッコの長所を浮き彫りにした話でした。 他にもアッコとアーシュラ先生の信頼関係だとか、アッコのやる気だけが空回りしている感が見ていて楽しい回でした。 リトルウィッチアカデミア7話「オレンジサブマリナー」感想

リトルウィッチアカデミア6話感想

6話にして一般社会側から見た魔法界が描かれました。これまではアッコ(一般側)から見た魔法界、もしくは内部での評価ばかりでした。ともすれば重たくなってしまう話もハンサムを出すことで緩和です。 また、アッコにも精神的成長が見られそうでこれからが…

リトルウィッチアカデミア5話感想

物語を牽引する役割ではありますが、最近とんと良い所がないアッコ。 今回もダイアナがその知識でさくっと解決してしまいました。ただアッコの熱意がまったく空回っているかというとそんなことはありません。というところが上手いバランスですね。 ファンタ…

リトルウィッチアカデミア4話感想

信じる心があなたの魔法、と毎回書いている気がします。 が、それだけこのアニメがテーマをしっかりそれに据えてぶれずにやっていることなのかなとも思います。 変わらずアッコたちの友情が眩しい4話感想です。 リトルウィッチアカデミア4話「ナイトフォール…

リトルウィッチアカデミア3話感想

誰も熱意は止められない!とばかりに話も展開も超スピードでした。 1、2話とできあがってきた人間関係を土台に魔法の使い方が明らかになるなど、相変わらず見ていて楽しい話でした。 流星丸に意思があるなら、QUEENの「Don't stop me now」の歌詞のままの気…

リトルウィッチアカデミア2話感想

本格的に始まった魔法学校での生活。 そんな中でアッコと、その対極とも言える存在ダイアナを介してそれぞれのキャラクターを描写したような話でした。 そして1話ではアッコの視点でしか語られなかったシャイニィシャリオが魔法界においてどのように扱われて…

リトルウィッチアカデミア1話感想

思ったよりハリー・ポッターでした。 しかしハリー・ポッターシリーズも王道ファンタジーの系譜を継いでいることを思えば、単純に王道的なファンタジーは似てしまうのかもしれません。舞台も現実世界に魔女という存在・架空の生き物が添えられている感じで同…