読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YKTM

アニメ感想・考察ブログ

じょしらく11話感想

手寅が好きです。

じょしらく11話「親子芝居・五人さかい・ツリー惨事」感想

 


・親子芝居
元ネタは親子茶屋か権助芝居かどっちかでしょうか?
まさかの水着回です。
外に出るのはいつも2番目の話では?と思っていたら楽屋に即席プールでした。
本当に東京観光以外は楽屋を出ないんですね。
白いビキニの手寅ちゃんがすごくいい。
スク水担当はマリーさんでした。
ずっと「すくすい」って読むのかと思っていました。
「すくみず」なんですね。
あと新型と旧型の違いがやっとわかりました。
文で説明されるより絵で示されるほうがわかりやすいです。
さて、ゆとり水着を買ってしまったがんちゃんの背中にきぐちゃんが入ります。
おんぶ紐みたいです。
がんちゃんもまんざらではないようです。
きぐちゃんかわいいなあ。
腹黒とは思えません。
お母さんっていいにおいからのゆとり水着に4人入ります。
ここでも手寅が危機?回避してるのがなんとも。

・五人さかい
元ネタは五人廻しでしょうか?
今日は武蔵境なんですね。
東京都民ではない自分にとってなじみがないです。
武蔵ネタは前回もやってたような気がします。
やたら濃いネタが多いです。
油そばも食べてみたいですが、なぜマリーさんはぶっかけうどんを知らないのでしょうか。
がんちゃんおっぱい大きい。
ギャグよりもマメ知識が多い回でした。
亜細亜大学はここにあるんですね。

・ツリー惨事
元ネタわかりません。
なんだろう。
水着からのクリスマスです。
季節感まるむしもいいところです。
プレゼント交換はどうせ手寅がいいものもらってくんだろうなと考えるマリーさんときぐちゃん。
この話は特に手寅の危機回避能力が発揮されていました。
それぞれ栗とか升とかトイレットペーパーとか。
マリーさん、いくら尻キャラだといってもトイレットペーパーはプレゼントにもらっても嬉しくないと思います。
やっぱり一番いいのは千円をそのままもらった手寅でした。
話はアマゾンもとい密林へ。
それぞれのキャラの後ろに出ているおすすめ商品が個性出てておもしろいですね。
届いたツリーは巨大なものでした。
手寅以外のみんながツリーに埋もれて大変です。
運よくマリーさんの鼻が光っているのでそこに集合しようということに。
とか思ってたら大乱闘が始まりました。
ヘタなアクションアニメより動いてる気がします。
どたばたしているうちにいろんな人が集まってきていい話風に終わりました。
もちろん手寅は無傷です。