YKTM

アニメ感想・考察ブログ

貧乏神が!12話感想

この気持ちはなんだろう。

貧乏神が!12話「いつか名前で呼んで」感想

 


きれいな紅葉が市子の前に姿を現したところから。
貧乏神は洗われると力を失い性格まで変わってしまうようです。
そんな説明も信じられないと疑う市子。
そりゃあ今までの紅葉を見ていたらこれも作戦かと思うでしょう。
でもそれから学校での1日、紅葉は完璧にすごすのでした。
熊谷まできれいになってました。
傷まで小さくなって、かわいいです。
それでも市子は疑っているようです。
嵐丸は放心状態だけどどうしたんだろ。
逆にクラスメイトたちは意外な一面を見て盛り上がってしまいました。
授業中にも関わらずヒートアップです。
それを謎の後光パワーでおさめる紅葉。
すごい、神様っぽい。

家に帰っても料理にいそしむ紅葉を見て市子はますます疑心暗鬼。
そこでまさかのデスノートパロディ。
やはり私は間違っていなかった…で市子はボビーと桃央を呼び出し、紅葉を元に戻すことに。
しかし紅葉のピュアパワーの前では無力でした。
なんかすごく平和なアニメになりそうです。

さらにはタマちゃんまで熊谷に餌付されてしまい、市子は紅葉にひどい仕打ちをしてしまいました。
ショックで家を飛び出してしまう紅葉。
何年前のドラマですか。
家の中は微妙な雰囲気…と思いきや、嵐丸に一喝されて市子は後を追いかけにいきました。
嵐丸はいい子ですねえ。
市子の性格だと誰かに言われないと意地が先に立って追いかけなさそうです。

紅葉に追いついたところで、ちょっとお話。
無理やり幸福エナジーを吸い取るのではなくて、市子自ら分け与えるよう仕向けたいみたいですね。
大事な人(諏訪野と嵐丸)以外には分け与えたくないという市子。
嵐丸が大事な人に入ってるのが驚きです。

さてなんだかんだで家に帰ると、嵐丸がお風呂を沸かしておいてくれました。
嵐丸が怒っていないことに安心している市子かわいい。
紅葉と市子は一緒にお風呂へ入ることに。
市子の乳に目がいって紅葉をさっぱり見てませんでした。
それからは一緒に寝よ→学校→一緒にお昼で仲良しこよし。
なんでしょうかこの気持ち…ドキドキ。
仲良きことはよきことかな。

しかしそう平和に終わるわけがありません。
タマちゃんと一緒に遊んでいた熊谷がゴミ収集車に放り込まれて元に戻ってしまいました。
こいつはやべえと桃央を呼び出し、紅葉も元に戻そうとします。
全身汚くなれば貧乏神に戻れるとのこと。
なんか嫌な戻り方です。

一方で市子はいつもの紅葉じゃないことになんだか不満気。
あーいいですねえ、嫌いなはずだった人がいなくなってみるとあれ…?みたいな。
そんな市子の変化に石蕗くんも気付いたようです。

家に帰ると窓ガラスを割って桃央乱入。
スカーフは変幻自在というのが伏線だったんですね。
全13話で市子の家の窓ガラスは何枚割れたのでしょうか。
市子も熊谷のはらわたに捕まって、いよいよ紅葉が貧乏神へ戻されてしまいそうになります。
ただ、その前に紅葉が抵抗しないから市子に最後の挨拶をさせて、と。

どうやら裏と表の人格があって、たがいのことは認識しているみたいです。
表とも仲良くしてあげてね、と自らゴミに向かう紅葉。
お風呂入った時に「いつか名前で呼んでね」って言われてたのに、今が呼び時でしょう。

で、撫子は本編登場なしで終わるんですか…?