YKTM

アニメ感想・考察ブログ

じょしらく12話感想

危ないネタが多い。

じょしらく12話「夢見の仇討ち・こぁいのう・青毛」感想

 


・夢見の仇討ち
元ネタは「夢見の八兵衛」でしょうか。
新年のごあいさつです。
と思ったら手寅が巨大門松で乱入。
天丼に天丼を重ねてきました。
話は初夢へ。
どうやらくくるは眠れていないようです。
じゃあ今寝ればいいじゃないと手寅。
みんなで子守唄を歌ってあげますが、めちゃくちゃ不協和音。
今度は黙って見守ることに。
マリーさんと丸ちゃんが変顔している後ろで窓の外が大変なことになっているんですけども。
このアニメってそういうことしといてツッコミがないから怖いですねえ。
くくるは眠れない苦しさと不幸の連続でふらふら。
そこで手寅が夢を演じてあげようということに。
パコと魔法の絵本みたいですね。
けどそんなかわいらしいものじゃなかったです。
縁起がいいものを見せてあげるけどくくるはますますネガティブに。
考えた末の原子記号。
カリウムあたりで止めておけばよかったのではないでしょうか。

・こぁいのう
元ネタは「きゃいのう」
今日は六本木、業界用語でギロッポンですか。
髪を下のほうで結んでいる手寅ちゃんかわいい。
六本木ってアート多いんですね。
巨大クモはピクミン思いだしました。
ニコファーレって、この前CGのアナウンサーの入社式かなんかがあったところですね。
なんだかんだでマリーさんはバブルへGO
無事バブル時代についたマリーさん。
本当にバブル時代ってこんなだったのでしょうか。
バブルの崩壊と共に生れた世代にとっては想像だにできない社会です。
マリーさんの白昼夢も泡のように消えていきました。

青毛
元ネタは「青菜」でしょうか。
クールビズのマリーさんたち。
冒頭では窓の外がふぶいていたはずなのに…。
クールビズというより忍者っぽい格好です。
落語のオチまで忍者でした。
手寅が爆発に巻き込まれていましたが危機回避はさすがに働かなかったのでしょうか。
涼しくするために、怖い話をしようと。
心霊写真でやりたい放題でした。
お次は手寅が「青く塗ってみたら涼しいかも」と提案。
何か提案するのは手寅が多いですね。
さすが主人公です。
ほのぼのやりあっている丸ちゃんとマリーさんがおもしろい。
髪を青くして、服も青くして、さいごはやっぱり尻でした。
青い髪のきぐちゃんかわいいなあ。

えびぞは最後までネタにするんだろうか。