読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YKTM

アニメ感想・考察ブログ

SAO13話感想

アニメ ソードアート・オンライン

これってアクションアニメではなかったんですね。

ソードアート・オンライン13話「奈落の淵」感想

 


湖で釣りをしているキリトさん。
風景がアルプの山々を思わせます。
釣りスキルがあまりないようで、なかなか釣れません。
そこにおっさん登場。
久々に日本人らしい名前を聞きました。
ニシダのおっさんは軽々と魚を釣り上げてしまいました。
なんとも食欲をそそらない配色です。
お料理できる人がいればなーお醤油あればなーとニシダさんが言うので、キリトはお家へ招待することにしました。
お料理ができるお嫁さんっていいですね。

お魚を堪能した後で、ニシダさんから主の話を聞きました。
キリトは招待したことで自分が釣れなかった失敗をうまくごまかしたんですね。
ニシダさんは攻略より釣りに精を出しているようです。
こういう生き方もいいですね。

場面変わってキリトたちの寝室。
アスナの格好がけしからんです。
こっちはアクションが見たいのになぜラブラブ結婚生活を見せられなければならないのか。
ふけつです!

さて翌日、ニシダさんが主を釣るというんで人がいっぱい。
なんでアスナは顔を隠しているんでしょうか。
無事スイッチも決まって主登場。
わー魚っていうか魚っていうか…なんでしょうか。
進化途中の魚みたいです。
丸腰のキリトがピンチです。
でもそんなこともあろうかと、アスナがコート?の下に剣を持っていました。
一刀両断。
アスナも人気者でした。
群がる人に向かって、おいおい彼女は俺の嫁なんだぜと言わんばかりにキリトが近づいていこうとすると、メッセージが届きました。
懐かしの騎士団からです。
2人は休暇中だったみたいです。
ニシダさんとお別れして、攻略に戻ります。
ここでアスナさんがいきなりキリトを好きになったきっかけを話しだしました。

騎士団に戻った2人は、ボス戦に協力してほしいと言われました。
2人きりになったところで、キリトはアスナに留守番してほしいと。
アスナは、それでキリトが帰ってこなかったら自殺すると言いだしました。
愛が重い…。
しかもクリア云々に関わらず、プレイヤーのタイムリミットは近付いているのではないかとアスナの見解です。

結局2人で行くことになりました。
クラインと武器屋さんもいました。
クラインがいるとなぞの安心感があります。
団長も来るようです。これは頼もしい。
さてボスを前にして、団長の演説。
士気をあげるにしてはいまいちな演説かもしれません。

ボスの部屋に入りましたがボスがおりません。
上から降ってきました。骸骨のクモ?ムカデ?みたいですね。
かっこいい!
上から降ってくるボスってびっくりしますよね。ピクミンのクモとか。

一撃で死ぬほど強いみたいですが、団長も強かった。
団長が攻撃をふせいだのをきっかけに、キリトとアスナも動きます。
クラインさんの攻撃が無駄にかっこよかったのでいいです。