読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YKTM

アニメ感想・考察ブログ

中二病でも恋がしたい!1話感想

アニメ 中二病でも恋がしたい!

あるある。

中二病でも恋がしたい!1話「邂逅の…邪王真眼」感想

 


中二病の解説から始まりました。
定義がよくわからないんですよね、中二病
でもリア充中二病ってどんなのでしょう。
存在しないんでしょうか。

ほーたろーっぽい人登場。
なかなか痛い中学時代を送ったようです。
もだもだしていたら、ベランダから人がおりてきました。
なぜパンツが見えないんでしょう。
夜桜の雰囲気がとても素敵ですね。

OP挟んで、朝。
OP見るにハーレムアニメになるのでしょうか?
妹ちゃんかわいいです。
主人公は母子家庭なんでしょか。

駅で電車を待っていたらかわいい子とごっつんこしました。
かわいいけどピンでかいですね。
さらには昨日ベランダからおりてきた眼帯少女とも出会ってしまいました。
電車のドアに手をかざして開けるふりかっこいいじゃないですか。

学校について、緊張するユータくん。
中学の時は入学式から失敗したみたいです。
もう普通だよな、とぶつぶつ言ってますが独りごとが多いところをのぞけば普通だと思います。
着席すると後ろの席の人が話しかけてきました。
この人がハーレムアニメでよくいるという親友ポジションの人でしょうか?

駅で会った2人は同じクラスでした。
ニブタニさんっていうのか…あだ名かと思ったら本名ぽいですね。
鈍いのだろうか。
眼帯少女に目をつけられたユータは絡まれてしまいました。
中二病だ! って言ってますが「目が! 目がぁ!」っていうのはどちらかといえばムスカです。

保健室に連れていくと、眼帯少女タカナシちゃんがよくわからないことをペラペラしゃべりだしました。
なんか…見崎鳴ちゃんに見えてきました。
こんなこと言う鳴ちゃんが見たかった…。
呆れてるユータですが、体育館裏で叫んでいた中二セリフを聞かれてしまってました。
これは意味もなく叫んでたユータが悪いです。
かわいらしい拷問? をしてどこで聞いたか吐かせたユータ。

中二病と断定するユータに、目を見てみるかとタカナシ。
なんと、眼帯の下には金色の眼が…!
と思ったらカラコンでした。
目薬さしてあげて、ユータは入学式へ。

その後、教室で解散。
対面式ってなんでしょうね。
ユータは後ろの席の一色くんからご飯へ誘ってもらえました。
おお、よかったですね。
人がぼっちから抜け出す瞬間というのは見ていて嬉しいものです。

しかしタカナシちゃんが財布を落としたらしく、送っていかなくてはならなくなりました。
明日学校行ったらもうグループできてて、ってなってたら嫌ですねえ。
駅でも中二病が止まらないタカナシ牛乳。
見ていたサラリーマン、絶対ツイッターでつぶやいてるんでしょうね。

それからもなんだかんだと寄り道して帰ってきたようです。
カバンにつかまってるタカナシちゃんかわいい。
中二病でもタカナシちゃんは毎日楽しいんだろうな…自分を殺して生きるより自由で幸せなのかもしれません。

引っ越しの荷物を手伝って、夕飯までご一緒することに。
家族の前ではおとなしいんですね。
ユータくんはお料理得意なんでしょうか。
女の子を叩くのはちょっとあんまりですが、料理男子、モテるのではないでしょうか。