読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YKTM

アニメ感想・考察ブログ

神様はじめました1話感想

アニメ 神様はじめました

今時の妖怪ってビジュアル系なんですね。

神様はじめました1話「奈々生、神様になる」感想

 


人類が衰退したあとは神様がはじまりました。
OPが相対性理論に聞こえます。
CMのAMEMIYAに笑いました。
どこかで聞いたことあるフレーズだと思っていたら。

さて、本編はナレーションから。
いかにも昭和風なナレーションです。
主人公は美貌の持ち主設定だそうです。
これまた昭和的な理由で家なき子になってしまいました。
これは高校も退学でしょうか。

主人公ちゃんが公園でぼんやりしていると、犬に絡まれている成人男性を発見します。
てっきりこいつがOPに出てくるキツネ耳の人なのかと思っていました。
帽子とったら耳が出てくるのかな、と思っていたらあっさり脱帽。
なにもありませんでした。
しかも銀髪? 金髪?どっちでしょうか。

助けてもらったお礼にと、奈々生は家をもらいました。
そこに行ってみればあるのは廃神社。
ひょっとすると奥のほうにでかい石があって4人でお祈りすると願いが叶っちゃいそうな神社です。
いかにも幽霊が出そうな神社、ビビった奈々生はお社へ入ってしまいました。
そこにひょっとことおかめ登場。
ついでにキツネ男登場。
なんで女物?の着物きてるのでしょうか。
奈々生ちゃんはともえの顔を「きれい」だと感じました。

3人によれば、奈々生は神様になってしまったそうです。
そんなのお断り! という奈々生に、キツネ男のともえもどっか行ってしまいました。
家がないんだから神様やってみればいいのに。
なにごともチャレンジです。

とりあえず一晩泊めてもらうことにした奈々生。
朝目覚めるときも笑顔です。
一宿のお礼にと、神様業務をこなすよう言われてしまいました。
内容はお掃除ばかり。
ちょこまか動くひょっとことおかめがかわいいなあ。

昨日帰ってしまったともえは、元々野狐だったのが神使として召し上げられたようです。
妖狐にもいろいろ種類があるんでしたっけ。
中2病のときいろいろ調べた気がします。

ところで、神様になると参拝客の心の声が聞こえるように!
いいですねえ、悪趣味だけどこういう能力があるんだったら神様やってみたいです。
逆に奈々生はそれを聞いて無理だと思ったようです。
ただの女子高生だし、と。
ローファンタジーもので良く聞くセリフですね。

最後にともえに挨拶だけ、と妖怪の世界へ連れてこられた奈々生。
ともえは真昼間から遊郭遊びです。
キツネにタヌキの遊女っていいのでしょうか。

そこでもやっぱりケンカして、というか奈々生が一方的に怒って、出てってしまいました。
しかし神様になってしまった奈々生にとってこの世界は危険とのこと。

さっそく奈々生は狙われてます。
おかめとひょっとこに助けられ、間一髪。
なんだかんだでともえも助けてくれました。
ともえも銀髪なんだか金髪なんだかわかりませんね。

奈々生はトラブル体質なようで、今度は鬼婆に狙われてしまいました。
「3枚のお札」ですか、懐かしいです。
鬼婆だし。
代わり身はうまいこと考えましたね。

さて木の上で追いつめられていると、ともえ登場。
でも助けてくれるわけではないようです。
ただ「おろかな私を助けてください」的なことを言えば助けてやると。
絶対言いたくないと奈々生ちゃん。
木から飛び降りてしまいました。
ともえもろとも。
で、神使契約のキス。
うーん、ただの言葉よりキスのほうがマシとは。
ちょっと最近の女子高生は理解できません。
契約の方法がキスってよくある感じなんでしょうか。

まあそれでも無事助かって、みんなで神社へ帰ることになりました。
奈々生は神様になる方向で決心ついたのだろうか。
そうでなきゃ神様はじまらないですし。