YKTM

アニメ感想・考察ブログ

ジョジョ2話感想

OPかっこいいです。

ジョジョの奇妙な冒険2話「過去からの手紙」感想

 


OPでまさかジョジョたちが見られるとは思いませんでした。
かっこいいですねえ!
ネタバレしまくりですがいいんでしょうか。

7年後、ジョジョたちは大学生です。
ラグビーもボクシングもイギリス発祥ですもんね。
すばらしいです。
ちょっと擬音語出てきすぎな気もしました。

ディオはジョジョと良好な関係を築いている様子。
お父さんは病に伏せ、家族仲良さそうにしています。
しかしそれも表面上のことでした。

石仮面の研究をしていたジョナサンは、書室で古い手紙を発見します。
家に書室があるっていいですね。
このゴゴゴゴゴっていう擬音の出し方はすごくいいです。
不気味感満載。

一方、ディオはお父さんへ薬を運んでいくことに。
そこにジョナサン登場。
ちゃんとディオの耳に3つのホクロがついていて細かいです。
2人はケンカしてしまいました。
なんかディオの回想が印象的ですね。
うまくいえないのですが。

疑惑が確信に変わったジョナサンは、ロンドンへ薬の出所を探しに行きました。
最も危険なオーガー・ストリートへ入っていきます。
その話を聞いたディオは、ほっといてもジョナサンがのたれ死ぬとほくそ笑みます。

でもジョナサンは紳士なので死にませんでした。
この人なくしてジョジョは続かなかったといわれるスピードワゴンさん登場です。
ふっ飛ばされている時に心の中でいろいろ言うところ、時が引き延ばされたような演出で好きです。
ここらへん、アニメっぽくないですね。
あまり動かないというか。

ディオは飲んだくれです。
酒! 飲まずにはいられないッ!
漫画ではダサかった格好が少しマシになっています。
石仮面の力を試してやろうとして逆にやられるディオ。
この水平に飛ばされているところが無駄に迫力ありますね。
ツェペリさんの伏線かしら。

帰宅したディオを待ちうけていたのはジョナサンでした。

相変わらず展開早いですねー。
次回で「スピードワゴンはクールに去るぜ」までやっちゃうんでしょか。