読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YKTM

アニメ感想・考察ブログ

コード:ブレイカー2話感想

ハム太郎度が増していく…。

CODE:BREAKERコード:ブレイカー2話「燃え咲く螺旋の青い花

 


桜ちゃんが目を覚ますと、自分の家でした。
階下に行けば、父と母。
お母さんなんで制服きてるんですか?
お父さんの趣味ですか…。

桜ちゃんは昨日の夜、玄関で倒れていたとのこと。
家までばっちりチェックされてしまっているじゃないですか桜ちゃん!

学校へ行っても、大神はいつも通りでした。
ただ見張られていると思った桜ちゃんは人を避けるようになります。
リアルに「俺に近づくと…危ないんだ!」って感じですか。
中二病を地で行きますね。
でもそのせいで友情に亀裂が入ってしまいます。
ほほ染めるおっぱいかわいい。

怒った桜は、大神を誘って一緒に帰ることにしました。
人目があるところなら殺そうとしないだろう、と渋谷へ。

自首しろと詰め寄る桜でしたが、一笑に付されてしまいました。
大神くんは傍から見たらただの変な人です。
さんざん問い詰めると、ついに大神も怒ってしまいました。
桜を燃やそうとしてきました。
恐怖を覚えた桜ちゃんは逃げ出します。
人並みに恐怖感はあったんですね。
それでもいつもは正義感がそれを上回っていたんでしょう。
いい子ですねえ。
それにしてもかわいい女の子が恐怖に顔をひきつらせ逃げる場面ってなんでこんなに素敵なんですかね。

なぜそんなにこだわる、という大神に、一瞬戸惑う桜。
昔の場面がちょっと映りましたが、桜も誰かを傷つけたことがあるっぽいですね。
最悪殺してるかもしれません。

桜が帰った後で、組織の誰かに電話している大神。
なんと、桜は大神の力でも燃やせなかったそうです。
そんなことあるんですね。
これから桜も何らかの超能力を手に入れたりするのでしょうか。

あとお仲間らしき人の顔が全員大神くんに似ているんですけど
みんな兄弟とかですか?