YKTM

アニメ感想・考察ブログ

となりの怪物くん3話感想

がんばれ雫ちゃん!

となりの怪物くん3話「やっかい」感想

 


前回の告白はなかったことにされました。
雫も素直になりきれないんでしょうね。
でも「よかったよかった」ってどういう意味でしょうか。

後日、やっぱり鶏は飼えないとササヤンが言ってきました。
しっかりアサコちゃんが友人ポジションにおさまってます。
かわいーなあ。

鶏は学校で飼おうということになりました。
アサコちゃんが対策会議の委員長です。
友だちに飢えていたアサコはみんなで買い出しをほとんど強行採決しました。
しかし雫は上の空。
振られたと思っているみたいです。

さて買い出し。
ホームセンターで、1話の不良たちとばったり遭遇してしまいました。
なんやかんやで逃げ出す雫とハルとササヤン。
買い物をアサコに頼んで、ササヤンは荷物持ちで、雫とハルの2人きりです。

様子が変だぞ、と言われるも強がってしまう雫。
気まずいですねえ。

帰って鶏小屋を組み立てるも、素人4人じゃなかなかできません。
そこに再び不良組登場です。
なんと不良たちはハルと仲直りしたいんだとか。
何か裏がなければいいんですが。
取り持ってほしいと頼まれるも、断る雫ちゃん。
冷酷だと言われてて何か新鮮に感じました。
最近の雫はわたわたしっぱなしでしたもんね。

結局仲を取り持ってあげて、みんなで小屋を建てて、無事完成です。
雫ちゃんが人をこき使うスキルを身に付けました。

帰り道、再び雫はハルと2人きりに。
あんまりハルくんが素敵なので、雫は素直に気持ちを告白してしまいました。
言わないですれ違うより全然いいですね。
ここらへんの雫ちゃんいつもに増して美人ですねえ。
恋する女は美しいってことでしょうか。
「雫の好きと俺の好きは違うような気がする」とハル。
友だちとしてって割には、雫にばかり独占欲発揮してるし、ハルはハルであまり自覚していないだけでしょうか。

じゃあ好きになってもらうと雫。
雫ちゃんかっこいいです。

ハルは「優山がくるぞ」というメールをもらって、雫の家へ泊まることに。
なんか書道家みたいな名前ですね。
雫ちゃんのどきどきっぷりとちょっと変態っぷりがかわいいです。

優山は顔つきからしてハルの親族なんでしょうか。
あと不良たちは実はおぼっちゃんパターンなんですか?