読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YKTM

アニメ感想・考察ブログ

新世界より5話感想

アニメ 新世界より

なんか色調おかしい。

新世界より5話「逃亡の熱帯夜」感想

 


風船犬からみんなを守った理塵さんはこっぱみじんになってしまったみたいです。
犬の骨が手裏剣みたいに変形していました。
こういう爆弾ありますよね。

呆然とする間もなく、バケネズミに囲まれてしまいました。
バラバラになって逃げます。
ところが早季ちゃん、転んでしまいました。
死にたくないけど動けない早季ちゃん。
色っぽいですねえ。
そこへ覚くんが助けにきてくれました!
走れない早季はすぐバケネズミに囲まれます。
手出ししてこないと思いきや、簡単に捕まっちゃいました。
殺すことはしないようです。

カゴのようなところに捕えられた2人。
なんかいかがわしい雰囲気になってまいりました。
行為に及ぼうとするも、ミノシロモドキたんの言葉を思い出して躊躇する早季。
自分の行動が人工的に組み込まれたものだと知ったらそりゃ嫌かもしれないですね。
特に女性はそういった行為に意味や気持ちを込めたがるそうですから。

とまどっていたことを、早季はバケネズミが見てるからとごまかしました。
ここで「お月さまが見てる…」って言ったら少女漫画でしたね。
やじうまされた覚はバケネズミにカヤノスヅクリの偽卵を渡してしまいました。
このバケネズミは外来種だからカヤノスヅクリを知らないんじゃないかとの推理。
このネズミたち外来種だったんですか。
それで早季の助けたバケネズミとは違うのか。
バケネズミは卵を受けとって、口に運びます。
すると体内から爆発してしまいました。
期せずして殺してしまいました。

当然逃亡です。
追いつめられそうになったところで、声がしました。
ちゃんとした言葉です。
声に従っていくと、バケネズミのコロニーが。
どうやら声の主は国産のバケネズミだったようです。

国産ネズミと外来ネズミは戦争中ですが、外来に分があるとのこと。
そこへ来た早季たちは言葉通り神様でした。
女王へ謁見し、歓迎されます。
女王さまったらおっぱい丸出しじゃないですか!

戦争に負けたら、国産ネズミは奴隷としてこきつかわれてしまうんだとか。
外来種ってどこから来たんでしょう。
人間同士での海外交流って、今のところなくなっていそうですから
そうすると船や飛行機で来ることも不可能です。
となると島国の日本へ来るには泳いでこなければなりませんが、ネズミにそこまでの能力があるでしょうか。

とりあえず国産のコロニーで休ませてもらいます。
他のみんなは無事でしょうか。

休んでいたら、外来ネズミの急襲です。
逃げようと入り口へ向かえば、毒ガスが充満していました。
毒ガスってどこから持って来たんでしょう。
ある程度知能と技術をもった種みたいです。
まさか前回の科学者集団って実験を繰り返した結果バケネズミになってしまったとか?

さて、早季たち絶体絶命ですがどうなるんでしょう。
本命・封印されていたと思っていた呪力が火事場の馬鹿力で復活
次点・スクィーラたちが頑張るor国産ネズミの仲間が駆けつける
大穴・死んじゃう
ってところでしょうか。