読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YKTM

アニメ感想・考察ブログ

K5話感想

アニメ見て鳥肌たったの初めてですよ。

K5話「knife」感想

 


シロクロネコは花火を買いに学園の外へ。
そこにホムラの八田と鎌本、青服が学園へやってきました。
ナイスすれ違い。

青服の破廉恥おねえさん、世理さんが校長へ直談判するものの、色良い返事がもらえません。
この校長はなかなか。プライバシー尊重しているんですねえ。
やっかいごとを避けたい気持ちのほうが強いかもしれないけど。
飽き飽きしちゃった猿比古は部屋を出て、学園探索へ出かけました。
ある程度自由な行動が許されているポジションなのか。
普通、裏切り者って信用されないものじゃないのかなあ。

猿比古は生徒会室へ押し入って、強引にシロを探します。
青服って見かけ上は礼儀正しい軍団なのに猿比古はずいぶん危ないことしますね。
元ホムラだから荒っぽいんでしょうかー。
それよりなんでメガネと黒っぽい髪の人って前髪長いんですか? うざったくないのかな。

一方、八田と鎌本くんは地道な聞き込みを続けていました。
青服と比べてそのアナログさに泣ける。
しかし八田は女の子に声をかけようとしません。
意外にシャイボーイなんですかね。
これじゃあ世理さんに会ったときどうなってしまうんだ。

これといった情報もつかめないまま、猿比古とばったり遭遇しちゃいました。
あの広場ですれ違ったときに普通気がつくんじゃないかなあと思いましたがどうでもいいです。

やたら猿比古がバカにしてくるので、ついに八田もプッツンしちゃいました。
なんか猿比古の口調が気持ち悪くて鳥肌ものです。ひいい。
猿比古と八田は昔何かあったんでしょうか。こんだけバカにされるってそうとう恨み持たれてるんじゃないですか?
さてアクション!
でも八田ってスケボーで突っ込んでいってどうするんだ。攻撃の手段は?

攻撃は打撃でした。赤いオーラ? 炎? をまとうことで強化可能なんだろうか。
打撃と剣って言ったらねえ、剣が勝つんじゃないですかねえ。
おまけに猿比古はなんと赤の力も使えるようです。
やっぱり色が変わるのは力の源が違うからとか、そんな感じか?
猿比古はメラ系呪文覚えたあとでヒャド系覚えたとか、そういうことですか?
鎌本くんが八田をかばおうとするも、転がってしまいました。
うーん、デブキャラならもっとお腹の肉をたぷんたぷんさせないと。転がっていってたぷん、止まってその反動でたぷん。

ヒートアップする2人を止めたのは世理さんでした。
おしり! おっぱい!
お尻とおっぱいに免じてOPまんまじゃねーかって思ったのは内緒にしておきます。

八田は通り名でヤタガラスと呼ばれているんだそうです。通り名。
ヤタガラスってJリーグのキャラクターでしたっけ。
大きいを意味する「ヤタ」なのに、背が小さい八田くんちょっとかわいそう。
逆に世理さんは「ツンドラの女」って呼ばれてんだろ、と八田。
そしたら呆れられちゃいました。そんなこというのはどっかのバーのマスターだけだと。
え? ええ? もしかして世理さんと草薙さん知り合いとか、そういう。
じゃあ青と赤って思ったより対立していない組織なのだろうか。
個々人の交流を認めるくらいだから、そこまでピリピリはしてなさそうだ。

世理さんがその場をおさめ、八田たちは再び聞きこみへ。
青服は帰ることにしました。

しかし、シロは公的な記録にも、個人の記憶にも残っていませんでした。
ああ、無色の王ってそういうこと?
これはすっかり盲点でした。
思えばシロが端末を持っていないのも、友だちがシロに犯行画像をくれたとき無反応だったのも伏線だったんですね。
疑問なのが
犯行画像とシロがイコールで結ばれていない のか
シロそのものが記憶、記録から抜け落ちている のか。
青服が撮った写真では91%の一致って出てたから後者だろうか。ククリちゃんは自分が撮った写真だとシロって認識していたしなあ。
シロは何者でもないってことでしょうか。助手さん?
だとすると、ククリちゃんはシロを目の前にするとシロと認識して、それ以外だとシロを記憶していないという理解でいいのか?
最大の疑問はククリちゃん意外と安産型ということと
予告のかわいさで騙されていたけど今回アンナちゃん出てきてなくね? ってことですね。