読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YKTM

アニメ感想・考察ブログ

サイコパス11話感想

ゆきちゃん…

PSYCHO-PASSサイコパス11話「聖者の晩餐」感想

 


公安は突入です。
コウガミさんはゆきちゃんを置いて泉宮寺さんとワンコと戦います。
数発受けながらも、逃げ延びるコウガミ。
そこにドミネーターが走ってきてくれました。
機械だからプログラムされた通りに動くってのはわかるんですが、犬にかみつかれて倒れようが懸命に走ってきてくれるドミネーターには感じるところがあります。
この気持ちはなんだろう。
危機一髪でドミネーターを入手、くるっとまわって犬を撃ちます。
おお、ここのアクションちょっとかっこいい!

槙島は泉宮寺さんに連絡を取ります。
公安も突入してきたし、コウガミも武器を手にしたし、引くなら今だと。
でも泉宮寺さんは拒否しました。
この機械じかけの心臓がときめくのは狩りをしている時だけなのだそうです。
やっぱりほとんど機械化されてたんですねー。
これからは一方的な狩りではないと泉宮寺さんは言って、コウガミを狙いにいきました。

今度はコウガミも引きません。
泉宮寺さんにドミネーターを向ければあっさり犯罪係数ぶっちぎってました。
体がほとんど機械なら、さっきの犬のように危険かどうかで判断するのかと思ったのに。
でも腕がぶくぶくなっても血の代わりにオイルが飛び出る泉宮寺さん。
これで泉宮寺さんが美少女だったらまだ見ごたえあったんですけどね。

隠れたコウガミを追って、泉宮寺さんはじわりじわりと近づいてきます。
追いつめた!と思ったらそこにいたのはゆきちゃんでした。
1話以来の女・老人でも囮にしちゃう冷酷なコウガミさんです。
泉宮寺さんが紳士だったから良かったようなものの、ただの殺人犯だったらゆきちゃん殺されているところでしたよ。
後ろからドミネーターを撃つコウガミ。
直撃した泉宮寺さんは哀れ、背骨からばらばらになってしまいました。

ゆきちゃんはコウガミさんにめろめろめろん。
コウガミさんずるい!こんなの吊り橋効果にきまってるじゃないですか!!
私もおっぱい大きい子と危険な目にあいたいものです。

コウガミさんは出血多量で気絶してしまいます。
その隙をついて槙島がゆきちゃんを連れ去ってしまいました。
えっ…やだ。

さて、朱ちゃんとマサオカさんは倒れているコウガミさんを発見しました。
応急手当に自信がない朱ちゃんに代わって、マサオカさんが腕まくり。
生きているのがびっくりなくらいのケガだそうです。
ドローンは便利ですね。
一瞬意識を取り戻したコウガミさんは、朱ちゃんにゆきちゃんがさらわれたことを伝えます。
聞いて、思わず槙島を追う朱。
マサオカさんの言葉も届きません。

しょうがないからマサオカさんは宜野座さんに連絡、コウガミが落ち着き次第後を追うと言いました。
おっさんは本当に頼りになるなあ。
コウガミさんの回想でも?となってたのですが、監視官もシェパードで呼ばれるんですね。

朱ちゃんは入り組んだ足場のようなところで槙島と対峙しました。
槙島は朱ちゃんのことも調べ済み、公安が槙島のしっぽをつかみかけていることですら嬉しげです。
朱ちゃんはドミネーターを向けるも、犯罪係数72でトリガーロック。
槙島は朱ちゃん相手にぐだぐだ話します。
いちいち猟銃をゆきちゃんに向けるな。
槙島の言い分だと、シビュラシステムに全てを任せたら、人間の心はどこへ行ってしまうのか?
人間の心がその人間らしさを輝かせることに興味を持っている、のだそうです。
んー、まあ、予想の範囲内ですね。
だから君の輝きも見せてちょうだいなと槙島はゆきちゃんにナイフをつきつけました。
ひょえ。

友人を殺されたくなければ猟銃で僕を撃て。
槙島は猟銃を投げました。
しかし槙島を撃てば朱は人殺しです。ドミネーターが優良市民と判定している槙島を撃つことは正しいことなのか?
同時に今、槙島がやっていることは悪そのものです。
朱ちゃんは手が震えてどうしようもありません。
なんで撃たないんだよ、命奪うまではいかなくても肩にあてて武器とりあげればいいじゃん。
と、見ながら思ってたのですが。
改めて考えると、朱にとってシビュラシステムが役立たずになることは初めてだったわけですから、驚きと困惑があったでしょうね。
朱はシビュラが絶対な世界で生きてきたわけですし、ドミネーターというのは今まで生きてきた世界の象徴なわけです。それにしがみつきたくなってしまったのかも。
だからもしここに「裁くのは俺の肉体だーッ」と言ったコウガミやシビュラを丸々信用はしていないマサオカさんだったら普通に槙島を撃っていたんだろうな。

追ってきていたマサオカさん、朱の悲鳴を聞いてかけつけます。
もう、マサオカさんのイケメン度が天井知らず。

ゆきちゃんは首をかっ切られ、槙島は公安の手を逃れていきました。
コウガミに声をかけられて泣きだす朱。
しかし槙島は朱と自分が同じ立場だって知っててああいうことしたんでしょうか。
犯罪係数が72→49ときて最後に0になったから、槙島は自分で操作できるのかと思った。
小さいころから不思議だったと言っていたから、槙島は純粋に自分の心の価値を知りたいんだろうな。
犯罪係数高い人に接することで、自分とその人たちの違いを探しているのかも。

今回をきっかけに、朱がどうなっていくか楽しみですねー。
2クール目はいきなり数年後になってたりするのだろうか。