読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YKTM

アニメ感想・考察ブログ

サイコパス18話感想

PSYCHO-PASS アニメ

破滅に向かってまっしぐら、なような

PSYCHO-PASSサイコパス18話「水に書いた約束」感想

 


今回は話とタイトルのつながりがわかりやすかったです。
でも水ってなんでしょうか。
水と言うと本来文字が書けないものです。
また熱を加えればすぐ水蒸気になるし、「水に流す」と言えば過去を清算してしまうことでもあります。
そういう意味で「守れない約束」ってことでしょうか。
しかし水は生物にとって欠かせないものでもあります。
水は生命誕生の源とみなされることもありますし、
もしかしたらこの約束は自然から生れた朱ちゃんとコウガミさん同士だから通じるのかもしれません。
全身機械な局長はまず無理です。
その背後にいる脳だけシビュラたちももちろん。

さて、槙島逃亡の報せを受けて1係出動です。
ところがドローンに止められてしまいました。
そこに登場した局長。
今度こそ絶対に槙島を逮捕しろ、そしてコウガミは捜査に加えるな、と。
こんな言い方したら、槙島と局長は繋がっているのか疑われそうなものですけど、
それほど宜野座さんは甘く見られているってことでしょうか。
けど前回あんな滅多打ちにされておいて、局長は怒るどころかますます槙島へ執着しているようです。
意外ですね。
言うこと聞かないなら死ね、ってなるかと思ったのに。
今度は無理やりシビュラの一員にして、「ほら言った通りだったでしょ」ってやりたいんでしょうか。
自分を否定されることが耐えられない、前回垣間見せた藤間やその他シビュラたちの選民思想がよく表れています。
今書いていて気がついたんですけど、免罪体質の人ってシビュラから外れた存在に見えて実はめちゃくちゃ適合しているんですね。
シビュラ自体「できる人ができることをやる」っていう選民思想丸だしシステムですし。
シビュラによって有能と烙印された人は優越感をもって生き、逆の人たちはリナたちのようになるわけです。
暴動が起きた時に、優秀だとされた人たちが反抗したのは優越感からか、と書いたのですが
藤間もその人たちとなんら変わりないのかもしれません。

もちろん1係は局長の判断に非難轟々です。
おまけにカガリくんの捜索は2係へ。
ここで映っているカガリくんのぬいぐるみ?に赤い点々がついていて不吉ですね。
まるでカガリくんの最期を再現しているような…。

怒って出て行ったコウガミを、朱が追います。
あの時槙島を殺さなかった朱は刑事として正しい判断だったと思います。
コウガミさんもそう言ってます。
けどコウガミは槙島を捕まえても復讐にならないと考えているようです。
朱はコウガミに刑事でいてくれることを約束してもらいますが、どうにも不安が拭えない様子。

一方、宜野座さんはマサオカさんと話していました。
息子を案じて、手を出すなとアドバイスしてくれるマサオカさん。
マサオカさんかっこいい。
しかし宜野座さんは遅れてきた反抗期なのか、アドバイスと逆のことをやろうとしてしまうのでした。

考えた末に、1係のコウガミさんと2係の執行官をトレードして彼を逃がしてしまうことにしたようです。
そういえば藤間を確保したのって2係でしたっけ。
1係と同じように煮え湯を飲まされた経験があるのかもしれません。

宜野座さんの考えはほとんどうまくいった試しがありません。
局長に見つかってしまいました。
ここでコウガミを処分しろ、という局長。
宜野座がドミネーターを向けますが、カガリくんの時よろしくデコンポーザーにされてしまいました。
これって局長、手の内を自ら明かしているようなもの。
動揺している宜野座さんにはばれないかもしれませんが、コウガミさんには完全にバレたでしょう。
宜野座さんがためらっているうちに、朱ちゃんがコウガミさんを撃ちました。
これで劇中、朱ちゃんがドミネーターを使ったのは2回目だろうか。
1回目は1話、サイコハザードを起こしてしまった女性を救うためでした。
思えば朱ちゃんがドミネーターを使うのは常に誰かを守ろうとしている時なんですね。
何かを守りたくて刑事になったけど、結局そこから抜けざるを得なかったコウガミさんにとっては
朱の姿勢が羨ましかったのかもしれません。
冷静な態度の朱も、なんとなく局長の怪しさに気がついているのかも。
コウガミさんは外から槙島を追う、朱ちゃんは内から局長を追う。
挟み撃ちの形に…なるか?
そして局長が朱をじっと見つめているのですが。
やめてえ。

コウガミさんはマサオカさんのバックアップを受け、公安を去ることになりました。
セーフティハウスとかマサオカさんかっこいいです。
やっぱりコウガミさんは自分の考えを形にするのが苦手なタイプのようです。

コウガミさんは朱ちゃんと言葉を交わすことなく、手紙を残していきました。
うーん、ハードボイルド。
なんか着々と朱ちゃんシビュラ化の流れが来てませんか?
嫌だなあ。