読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YKTM

アニメ感想・考察ブログ

断裁分離のクライムエッジ1話感想

祝ちゃんどストライクです

断裁分離のクライムエッジ1話「眠れる森の姫」感想

 

山奥?の洋館に髪の長い幽霊が出るとのうわさを聞いて
やってきたのは切くんです。
灰色の髪で日本人というのはどうにも納得いきませんが、アニメとはえてしてそういうものです。
手には鋏を持って完全に危ない人。

果たして洋館に髪の長い子はいました。
あまりの長さと美しさにめろめろなる切。
振り返った女の子はあどけなさを秘めつつも憂いをはらんでいてとにかく美少女でした。
髪の長さがむしろいい。

なんだかんだで額をけがして切くんは女の子、祝ちゃんに手当してもらいました。
思わず髪を切らせてほしいと頼みますが、祝ちゃんは顔を伏せて、自分の髪は呪われているから切れないのだと言いました。
試しに様々な鋏で髪を切ろうとしますが、ゴムのように刃を跳ね返してしまいます。
切れなくっても触っているだけで満足だと切は恍惚の表情、
祝ちゃんもまんざらではなさそうです。
この時点でとんでもないアニメを見てしまったという気分になりました。
とくに祝ちゃんのあどけない顔や小柄なところが背徳感を増し増しにしてます。

そうしていると女性2人が来ました。
メガネッ子で水色の子はどこかで見たことあるような。

2人は祝ちゃんと仲良しこよしというわけではなさそうです。
しかも祝ちゃんいわく、2人は殺人鬼の子孫でその凶器を持っているんだとか。
あんまり現実離れした話に切くんもぽかーんです。
女性2人にも否定され、ますます混乱。

帰宅した切くんは窓からみえた長髪の女の子を見てやはり興奮。
髪に対する執着が尋常ではありません。
だんだん家族が髪を切らせるのを嫌がったというのも覚えていないだけで切が何かしてしまったのではという気がします。
しかし祝ちゃんがいるのだからと今回は思いとどまる切。
ぎりぎり思いとどまれているところを抜かせば、吉良吉影みたいな人です。

止められても祝ちゃんのところへ向かう切くん。
またも見つかって、祝ちゃんは2人から無体を働かれてしまいます。
そこで昨日祝ちゃんの言っていたことが本当らしいと悟る切です。

祝ちゃんにかばわれ、失意のうちに帰宅した切くんを待っていたのは衝撃的な話でした。
なんと切の先祖には人切りがいたとのこと。
しかも外国人、シリアルキラーとして有名な人でした。
切は純粋な日本人ではなかったのか。
実在する人物なのかなあと調べたら、架空の人らしいですがモデルっぽい人はいるそうです。
その人も自分を受け入れてくれた女性の髪をといたりして優しくしていたけど後々溝ができて殺害してしまったというので祝ちゃんがすごく心配になりました。
ともかく、切くんが大事に持っていた鋏は凶器として使われたもの、キリンググッズでした。
そんなもの子孫代々大事に持っていなくてもいいのにと思いますが、処分できない理由も後々明らかになったりするのでしょうか。

これなら祝ちゃんの髪を切れるかもしれないと喜びいさんで洋館に向かいます。
そして無事に、切くんは祝ちゃんの髪を切ってあげることができたのでした。

でもいきなりショートっていうのはちょっと。
ロングで前髪がひと房目の間に垂れているのがかわいらしかったのになあ。
見慣れればかわいいような気もします。
ここはポジティブにいかないと。