読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YKTM

アニメ感想・考察ブログ

デビルサバイバー2・3話感想

維緒ちゃんの無表情さが癖になってきました。

デビルサバイバー2・3話「激動の月曜日Ⅱ」感想

 

大阪へ向かうことにした響希たち3人。
悪魔についての説明も受けたのか、大地はさっそくデビオクで悪魔を落札です。
ポイントについての考察が途中で止まってしまったのが残念でなりません。
敵を倒すとポイントゲット?
うきうきの2人に比べて沈んだ顔の響希。
しかし自らの持つ白虎の力を信じ、2人を守ると口にします。
普段無表情な維緒ちゃんの貴重な赤面シーンです。
かわいい。

大阪に着いた一行は大阪支局のジプスに迎えられます。
今更ですが地名の出方がすごくゲームっぽいです。
大阪には新しい2人のサマナーがいました。
露出狂の緋那子ちゃんとなんかいきがってる啓太くんです。
啓太っぽい人、ブリーチで見たことあるような気がします。
緋那子ちゃんは響希に協力的なのに、啓太は一匹狼なのか、1人で悪魔を倒しに行ってしまいました。
そんな彼をおいて史博士の研究室に向かいます。

史博士は脱走も侵入の形跡もありませんでした。
家探しする3人ですが、大地は疑問を口にします。
わりと好戦的な大地です。
大地は冗談半分でしたが、響希も今回のミッションに疑問を感じていました。
響希くんはさすが頭がいいです。
よすぎて怖いくらいです。

そうこうしているとジプス大阪支局がハッカーに攻撃されてしまいました。
プログラム的なセキュリティはもちろん、霊的な防御まで施してあるはずのジプスネットワークはどんどんと破壊されていきます。
こういう非常時に上司の有能さがわかろうというものです。

結局響希たちの助けと死に顔動画のおかげでハッカーの居場所特定です。
ものすごく近場で攻撃受けてました。
ところで緋那子ちゃんのニカイアは男性が案内役なんですか。
ということは維緒ちゃんも?
意外とミーハーなのかもしれません。

1人別行動の啓太に連絡をとるも、一足先に悪魔から攻撃を受けていて通じません。
啓太の悪魔はベルセルクでした。かっこいいです。
死にそうなところを緋那子ちゃんのリリムに救われました。
リリムに抱きかかえられていろいろうらやましい。

響希も白虎で応戦、大地もはりきって悪魔召喚しますが勝手に逃げてしまいました。
そういうこともあるのか。

ジプスからハッカーの詳しい位置を聞き出し維緒ちゃんと大地は犯人確保へ。
響希、緋那子、啓太は悪魔の足止めという役割分担になりました。
維緒ちゃんはなんだかやる気です。
でも大地は悪魔が逃げてしまったこともあって逃げ腰気味。
維緒ちゃんが勇ましいこともあって、大地くん、なんだか情けないです。

しかし維緒ちゃんはあと一歩のところで悪魔につかまってしまいました。
すんでのところでベルセルクに救われますが出てきた悪魔は強すぎて誰もお話になりません。
なんだかんだで響希が作戦を思いついてクラッキングを止めることには成功しました。

ところが悪魔の最後っ屁というかなんというか、雷が落ちてきて、響希をかばった啓太くんは哀れ死んでしまいました。
初めて死に顔動画が現実のものとなって動揺する響希。
主要キャラだと思っていた啓太くんがあっさり死んでこっちだって動揺です。