読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YKTM

アニメ感想・考察ブログ

C3部8話感想

C3部 アニメ

まじすか

ステラ女学院高等科C3部8話「司令ハ非情タルベキカ?」感想

 

いよいよ始まりました24時間耐久バトル。
ルールは簡単、3時間ごとに参加チーム数より少ないフラッグが落ちてくるので
それを取ったチームが勝ち抜きです。
いつものルール説明のパネルって作中でリアルにあったんですね。

C3部はゆら指揮のもと、順調に勝ち抜きます。
1人八千代ちゃんが不満を抱えている様子。
他のメンバーは不満があるもののゆらの心情も理解して黙っているようです。

いよいよC3部は決勝?まで勝ち抜きました。
対戦相手は凛ちゃんのいる明星女学園チームです。

そこでやっと自分のしていることは凛と同じなのではないかと気が付いたゆら。
席をはずして凛の元へ向かいます。
凛から彼女なりのサバゲー理論を聞きます。
なんだかんだ言っても戦争の真似ごとなのだから勝てば官軍だと。
なるほど前回限られた資源で勝つから楽しいんじゃないか=違法改造する必要はないのでは
と書きましたが凛ちゃんみたいな考え方をする人からすれば
勝つためなら改造も是となるわけですね。

凛ちゃんと話して自分の行動を改めてくれればよかったのですが
ゆらはさっぱり気が付かなかったようです。
そのらの敵をうつとばかりやる気スイッチ入ってしまいました。

一番疲弊しているれんとちゃんは
すごく優しい子なのかゆらの気持ちを尊重、理解し
がんばってしまいました。
れんとちゃんええ子ですね。
泣けます。

さて決勝です。
劣勢に追い込まれるも、C3部はゆらの指揮を守り
明星女学園を追い詰めます。

カリラちゃんはエースらしく凛と一騎打ち。
ほのら、れんとちゃんは狙撃、ゆらはちょこちょこ動きます。

しかしカリラが負けたことでゆらちゃんぶち切れました。
もうサバゲー初心者だったゆらちゃんはどこにもいないのですね…。

凛ちゃんと打ち合いますが、後ろから狙われてしまいます。
と同時に凛ちゃん弾切れ。
弾が当たったのに、悔しいゆらは凛を撃ってしまいました。
ヒット宣言をした凛を筆頭にして次々やられていく明星女学園。
24時間バトルはC3部の優勝で幕を閉じました。
まじすか、勝っちゃいました。
ゆらちゃんはいつ痛い目見るんですか。
後日ビデオ判定で優勝はく奪でしょうか。
それでC3部から総スカンくらって中学時代を思い返しちゃったりするんですか。

ゆらは自分がゾンビ行為をしたと知りつつ
優勝した結果が残ってしまいました。
これで自己正当に走らなければいいのですが。
ルールを破る人間はゲームをしても、ゲームをする相手も楽しくないです。
改造ポケモンとか使っちゃいけないのと同じですね。
それにしてもゆらちゃんへのしっぺ返しがいつ来るのかと毎回ハラハラします。