読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YKTM

アニメ感想・考察ブログ

銀の匙2期1話感想

アニメ 銀の匙

まるで懐かしい友人に再会したようだぞジョジョ…。

銀の匙2期1話「八軒、副部長になる」感想

 

どれくらいブランクが空いたのか忘れてしまいましたが
とにかくお久しぶりですエゾノーの面々。
なんだかものすごい安定感と懐かしさを感じます。

さていつものように八軒が早起きをし、鳥の世話に勤しんでいると
泥だらけの御影がやってきました。
1期の1話とは大きな違いです。
すっかり農業高校の生活にも慣れたんですね。
御影はなんとブラジャーを探しているとのこと。
!!!!
八軒も思わずオーバーリアクションです。
2期からいきなり積極的です御影ちゃん。
1期より胸大きくなりました?

しかし八軒の思い違いでした。
御影ちゃんがさがしていたのは牛のブラジャーだったのでした。
乳房が肥大しすぎて自分で踏んでしまわないようにしているとのこと。
確かに、パンパンに張ってしまったお乳には血が混ざることもありますし
そうした事態になってもおかしくないのでしょう。
なぜそんな風な不都合な進化をしたのか不明ですが
人間の手が入っているのでしょうか。

馬術部では先輩たちが引退の日を迎えていました。
勝手に久しぶりな気分になっていましたが、作中世界は1期の終わりからそう時間は経っていませんでした。
新部長は唯一の2年生に。
そしてなんと副部長は八軒になってしまいました。
不安で不安で仕方ない八軒ですが
部活という経験がなかった彼にとっては、とてもうれしいことでもあったようです。
おまけに先輩から、八軒は人に頼られる、話しやすいからと太鼓判までおしてもらえました。

嬉しさ半分不安半分で寮へと帰ってきた八軒が目撃したのは
駒場と御影でした。
おまけに御影は泣いていました。
びっくりしてどうかしたのかと問いかけますが
駒場はもちろん、御影も答えずにそそくさといなくなってしまいました。

翌朝、八軒はばったり御影に会ってしまいます。
動揺しますが、当の御影は昨日のことなどなかったかのように接してきます。
先輩の言葉を胸に、御影の悩みを聞き出そうとするも失敗してしまいました。

その後もやたらと八軒は御影を気にしますが
駒場も御影も関係ないの一点張りです。
お家の話していましたし
家畜とかそういう関係でしょうか。

その後も御影から話は聞き出せないまま
馬の蹄鉄をひろって幸運のお守りとする八軒でした。
蹄鉄=幸運のお守りって案外知られていないんでしょうか?

相変わらずごはんがとにかくおいしそうなアニメでした。
これからは恋愛メインになってしまうんでしょうか?
EDのほのぼの絵の雰囲気、好きです。