読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YKTM

アニメ感想・考察ブログ

世界征服1話感想

幼女は世界を救う

世界征服~謀略のズヴィズダー~1話「世界皆征服」感想

 

崩壊したような世界に男が歩いています。
世界征服を成し遂げた1人の幼女をめぐる物語のようです。
銅像がどう見ても幼女ではないのですが、成長してしまったのでしょうか。
幼女の永遠性は獲得不可だからこそいっそうの輝きをもって私たちに迫ってくるのですね。

さて時間は戻って?現代風日本です。
家出した明日汰くんはお腹を空かせて困っていました。
どうやら家業に不満があるようです。
コンビニの前でクラスメイトの駒鳥さんに会い、今夜は戒厳令が出されていることを聞かされます。
眉毛太い系女子は最近のブームです。
いいですねえ駒鳥ちゃん。
しかし明らかに秘密組織に入っていそうな感じです。

それにしても戒厳令といい、単純に現代日本なわけではなく近未来なんでしょうか。
シャッターを閉められてしまった明日汰が頼み込むと、なんとコンビニの店主はちょっぴりシャッターを開けてくれました。
やさしいです。
明日汰はゴールドカード持ちってことは、家が金持ちなんでしょうか。
結局カードが止められていたので、肉まんあんまんしか入手できませんでした。
あれっぽっちでまんじゅう2個とかいい店主です。

誰一人いなくなった町を歩いていると、パトカーがやってきました。
パトカー…?
どう見ても戦車です。
とっさに身を隠す明日汰でしたが、そこで倒れている幼女を発見します。
何を隠そうこの幼女に惹かれてこのアニメの視聴を決定した身でありますので最初からとんでもないサービスショットでした。
眼福眼福。

どうやら幼女はお腹を空かせている様子です。
根が優しいのか、少ない食料であるまんじゅうを差し出してあげる明日汰。
しかしこの優しさは裏切られてしまうのでした。
両方のまんじゅうを取られてしまい、意気消沈する明日汰ですが、それほど切羽詰まっていないのはどうしてでしょうか。

幼女は自らを星宮ケイトと名乗りました。
名前までかわいらしいとは。
さらに世界征服をたくらむ秘密結社ズヴィズダーの総裁であるそうです。
ズヴィズダーがうまく言えてなくてかわいい。

名乗り終わって自転車から落ちてしまったケイトちゃんを明日汰が受け止めます。
さすがです。
怪我している幼女、涙をこらえる幼女もまた格別ですがやはり大事な幼女を怪我させるわけにはいきません。
するとケイトちゃんから異常性愛者の烙印を押されてしまった明日汰くんがふっとばされてしまいました。
大丈夫です。
幼女がかわいく見えてしまうのは彼らがきちんと世話してもらうために搭載した本能ですのでそれに対してかわいいと思ってしまうのは普通のことです。

なし崩しに一緒に行動を始めるケイトちゃんと明日汰。
なんか自衛隊が変な生き物と戦っています。
どんな世界観なんでしょうか。
ついででなし崩しに明日汰はズヴィズダーの一員となってしまいました。

そんな彼らを見つめるロボットのようなもの。
こんなのがいる世界観ですか。
明日汰くんは征服力たったの5らしいです。
ゴミめ…。
さきほどから登場する仮面の彼らはケイトちゃんの仲間でしょうか。
自衛隊との関連は。

相変わらず明日汰はケイトちゃんと歩いています。
だんだんおねむになってきたケイトちゃんは食べたくなるくらいかわいいですね。
ケイトちゃんはぬいぐるみ?を探しているそうです。
おまけに、世界征服を果たしたとしてそこに自分の居場所はあるのか悩んでいます。
これまでの世界征服を目指す悪役たちが、自らの居場所を作るために征服しようとしていたものと逆にこんなことを悩むケイトちゃんは珍しい世界征服者ですね。

それが明日汰にはかちんと来たようです。
やってみる前からそんなこと言うなとケイトちゃんをどなりつけます。
何かコンプレックスがあったのでしょうか?
怯えたケイトちゃんはジグザグに走りさってしまいました。
慌てて追いかけるもすでにどこかへ行ってしまった後です。
補助輪つけていましたっけ。

我に返った明日汰はケイトちゃんを探します。
自転車を見つけて駆け寄るも、そこに仮面のお姉さんが現れました。
さらに骸骨のおじさんもやってきます。
敵対しているのかと思ったら2人ともズヴィズダーの一員でした。
2人もケイトちゃんを探しているみたいです。
危険を感じた明日汰はすたこら逃げ出します。

逃げた先は公園でした。
しかし巻き込まれ体質なのか、そこには大勢の戦車が集まっています。
おまけに変なお兄さんまでいます。
戦車が向かう先はさっきの不思議生物でした。
砲弾を当てると小さなぷよぷよした生き物が降ってきます。
てっきりあの不思議生物が毒性の空気を出すのでケイトちゃんが明日汰にガスマスクを渡したと思ったのですが、違ったようです。
さて生き物がばらばらになった中心地には、ケイトちゃんがさがしていたであろうぬいぐるみがありました。
ケイトちゃんの言葉と仮面のお姉さんに見せられた写真を結び付けて、あのぬいぐるみがケイトちゃんの探し物とあたりをつける明日汰はなかなか察しがいいですね。

ぬいぐるみを守るため、戦車の前に飛び出す明日汰。
戦車は止まりません。
あろうことか明日汰があの不思議生物を操っていたとして砲台を向けられてしまいました。
あの不思議生物はズヴィズダーが生み出したもので自衛隊及び白い仮面は正義の軍団として世界征服を防ごうとしているのでしょうか。

完全な濡れ衣で死を覚悟した明日汰のもとにどうみてもさっきのケイトちゃんが破廉恥な恰好でやってきました。
これはまずいですよ。
ケイトちゃんのか細い二の腕がたまりません。
世界は征服されたがっている、私の立っているこの場所が自分の居場所だとかっこいいセリフを言って明日汰を庇います。
ケイトちゃんがカチューシャをはずして仮面にして魔方陣を召喚?します。
ケイトちゃんの頭が耳みたいになって、間に星があるのですが彼女は地球人ではないのでしょうか?

リンカーンが敗北したのは銃弾に弱かったからだとケイトちゃんは言います。
普通人間は銃弾に弱いものだと思います。
言葉の通り、ケイトちゃんは銃弾を受け止め、戦車を壊滅してしまいました。
ようじょつよい。
これにて自衛隊征服完了だそうです。
目的がようわかりませんね。

事態が収拾したところで、ズヴィズダーの面々が集まってきます。
どうやら今回の騒動は変なお兄さんのせいだったとのこと。
新しいメンバーとして明日汰が紹介されます。
帰る場所ができてよかったですね。

さらにどう見ても駒鳥さんな白い仮面の軍団も動き始めました。
ズヴィズダーVS白い仮面になってくるのでしょうか。