読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YKTM

アニメ感想・考察ブログ

ラブライブ!2期7話感想

ラブライブ!2期7話「なんとかしなきゃ!」感想

 

2年生組の絆再確認と年長者になる自覚の回といったところでしょうか。
穂乃果ちゃんと花陽ちゃんの絡みはいいですねえ。
お互い太陽みたいなので眩しいです。
かよちんの「穂乃果ちゃん」もなかなかに新鮮でした。
そして希、絵里が年長者っぽくしているところでにこにーのさりげないフォローと本当に3年生組は大人ですねえ。

穂乃果ちゃんは157cm

意外と大きいようなそうでもないような。
日本人の高校2年生女子平均が157.6cmだそうですから標準ですね。
さらに平均体重は52kgだそうですので、穂乃果ちゃんは55kg超えちゃった感じでしょうか。
あのかわいさで60kgはありますまい。
やはりカロリーが高くて腹にたまりにくいパンばかり食べていた弊害がここででてきたのでしょうか。

海未ちゃんの雪穂呼び

こういうのを聞くと幼なじみなんだなあと思いますね。
後の展開で雪穂ちゃんから独自情報を入手していたりと海未ちゃんは家族ぐるみで穂乃果ちゃんと仲良いようです。
ことりちゃんはフォローできても嘘はつけないんですね。
かわいいです。

米がからむとうざちん

ダイエットする穂乃果の傍ら、超巨大おにぎりを幸せそうに食べている花陽ちゃん。
新米の季節がそんなに嬉しかったのか、穂乃果ちゃんを煽りまくります。
遠慮のないかよちんもかわいいですねえ。
かよちんはごはんをぱくぱく食べている姿を正面からずっと見つめていたいタイプです。
花陽ちゃんも太っているとまきりんに言われ、ダイエット1人追加です。
画面上は全く太って見えませんが、おそらく視聴者のために補正がかけられているのでしょう。

海未ちゃんのスタイル…?

後輩たちがやってきて海未ちゃんやことりちゃんのスタイルをほめますが胸のない海未ちゃんはスタイルいいと言ってしまっていいのでしょうか。
スレンダーという言葉のほうが似合うんじゃないですかねえ。

息切れほのぱなかわいい

強制的にダイエットのほのぱな2人。
階段だけでも息切れしてしまい、にこにーに呆れられてしまいます。
にこちゃんはあんまり脂肪ついてなさそうですね。
プロ意識から来る体重管理なのか、単に太らない体質なのか。
両腕あげると肋骨がうっすら見えそうです。
なんとなくいやらしいですねえ。

吐息で会話するほのぱなかわいい

穂乃果と花陽ちゃんが走っている時でさえもう一生この吐息しか耳に入らなくてもいいと思えたのに、その吐息で会話までし始めました。
すばらしいです。

周りから見た海未ちゃんと穂乃果ちゃん

意外にもμ'sの中で海未ちゃんは穂乃果ちゃんのことがきらいなんじゃないか?疑惑があったんですね。
次元を隔ててみているこちらとしてはむしろ海未ちゃんからの愛があふれんばかりですが、実際に身近で見たら厳しくて嫌いなのかと思ってしまうのでしょうか。
高校2年生の女子の関係といえば「かわいい」「そんなことないよ」になるのであえて厳しく接する海未ちゃんは不思議なんですかね。

厳しい顔の3年組もいい

生徒会関係で重大なミスが出てしまったようです。
学生時代にあまりこうしたイベントがなかったのでいまいち事の重大さがわからないのですが、大変なことなのでしょうか。
大変なんでしょうね。
でも2年組はがんばると言いました。
μ'sもそうですが、これからの学校を担っていくのは2年生です。
余談ですが穂乃果ちゃんのオレンジっぽい茶髪に青い目ってとてもいいですよねえ。
青とオレンジは補色なので、彼女の存在を目立たせてくれます。
しかもオレンジで明るさや元気さを、青で爽やかさを演出です。
海に沈む夕日という感じでとても好きです。
なにが言いたいかって穂乃果ちゃんの笑顔はアリアケエガオです。

さりげなく支えてくれるにこにー

生徒会のミスをどうにか自分たちでカバーした2年組。

美術部長が説明を求めてまわりが拍手するなか少し引き気味の表情で自分は拍手をしなかったりだとか、予算案を見て真っ先に賛成してくれたりだとかそういうにこちゃんの自分をしっかり持っている部分て本当に魅力的です。
それもμ'sメンバーだからとかそんな理由ではなく2年生3人が知恵を絞り合ってなんとか全部活の8割予算が通るよう計算しなおした努力を知ってだからかと思います。
そこで予算案がへなちょこだったら真っ先に反対してそうです。
だからこそそういう彼女が2年の肩を持ってくれたのは嬉しいですね。

のんたん

生徒会のミスもカバーできてダイエットも成功して今日もパンがうまいでいい話だった…と思っていたら最後の最後にいきなり美人のんたんが出てきてびっくりしました。
でものんたんの過去とか思いとかわかったらどんなものでも涙なしに見られなさそうです。