読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YKTM

アニメ感想・考察ブログ

終末のイゼッタ12話感想

きれいに終わりました。

あんまりきれいすぎて特に言うことはありません、な最終話感想です。

終末のイゼッタ最終回12話「イゼッタ」感想

登場人物

イゼッタ

自己犠牲の愛を最後まで貫き通しました。愛の力です。

フィーネ

大公として私情に流されることなく最後までたち続けました。立派ですが、後半部分あまり活躍がなかったのは悔しいところです。

ジーク

報いを受ける、というこのアニメのルールを一番体現していたように思います。ただあそこでジークがヨナスを殺していなければゲルマニアの勝利もあったわけですから、彼1人が責めを負うべきなのかという疑問は残ります。

ゾフィー

クローンの限界でしょうか。イゼッタの愛が与え・与えられるものだったのに対し、彼女の愛は与え・奪われるものでした。憎しみを抱えたまま2度目の死を迎えたのは、少し同情します。

感想

それぞれの結末

各国の不安や思惑を退け、平和な世の中にするためイゼッタ達が選んだのは「魔女」そのものをこの世から消すことでした。確かに合理的ではありますがその決断にいたるフィーネとイゼッタの心情を思うとやるせないですね。

結果、史実より戦争は早い終結を迎えました。結局ゲルマニアゾフィーを手にしてから魔法ありきの科学になっていたので技術革新はそれほどなさそうですね。つまり終戦が早まったことで戦争によって一気に進んだ技術が伸び悩むという面もありそうです。

 最後の魔女

 レイラインの魔力を吸い取って放出した結果、魔法はこの世からなくなりました。イゼッタが怪我を負ったとはいえ生き残り、ゾフィーが死んだのはクローン体と人間体の違いでしょうか。お互いに魔力をぶつけ合ったことで相殺された部分もあるのかもしれません。

なんだかんだといいつつ、愛の力に全て集約される気がした最終話感想以上です。ありがとうございました。