読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YKTM

アニメ感想・考察ブログ

K8話感想

どう収集つけるんだ?

K8話「Kindling」感想

 


遠くから学園を眺めるシロクロネコ
シロはすっかりアイデンティティ崩壊してますね。
ネコに元気づけられて、真相を探ることに。

場面変わって青服のアジト。
世理さんと宗像さんがお茶をたしなんでいます。
せっかくのおいしそうなお茶うけを餡子山盛りにしてしまう世理さん…。
自分のだけかと思いきや、宗像のお茶うけまで餡子まみれにする世理さん…。
限度を知らないのか。
宗像との一瞬の攻防が緊迫感あふれてますねえ。

そこへ猿比古が入ってきました。
シロクロネコが青服を襲撃、「1400」というメモを残していったと。
14時に接触を図って来るとみて、待機です。
猿比古も餡子にはたじたじです。

シロから宗像へ電話です。
同時に世理さんが逆探知を開始。
シロは宗像に、白銀の王と会わせてほしい、そしたら出頭すると申し出ました。
条件をのむかに思われましたが、断る宗像。シロの考えはお見通しでした。
ただ、白銀の王を追いつめたいとは思っていたから捕まえてやる、そしたら3人まとめて出頭しろと言いました。
話の最中、他の青服が交通規制をしいてシロを追いつめます。
最初は青服って警察みたいなものだと思っていたのですが、そういう理解でいいのかなあ。
野次飛ばしている人も、青服が交通規制できる権限を持っていることに疑問はもっていないみたいだし。

シロがいるはずのトラック積荷は、もぬけの殻でした。
クロが危機一髪で勘付いたようで。

青服一味は白銀の王を捕えることにしました。
宗像も宗像で、白銀が怪しいと思っていたんだとか。
十束殺害事件を追っていたのはホムラだけじゃなかったんですね。

ヘリで白銀の王がいる飛行船へ向かいます。
クロシロネコはそのうちの一機をジャックしました。
最初から出頭する気はさらさらなかったということか。
戦闘機っていいですよねえ…。

飛行船の中から、ヴァイスマンは笑って見ていました。
もしかしてこの踊ってる相手って本物の人間か?

シロたちの乗るヘリが飛行船に近づいたところで、急に爆発してしまいます。
自爆?
でも地上から飛行船を見あげるヴァイスマンぽい人影が。ビルの位置からして黄金の王か?
黄金の王ってヴァイスマンの関係者か何かだったのかな。
また手がかりをなくしてしまうのでしょうか。

それにしても猿比古って指揮しているときは割と普通なんですね。