読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YKTM

アニメ感想・考察ブログ

マギ8話感想

アニメ マギ

アリババママかわいい。

マギ8話「守れない約束」感想

 


顔を見せたアリババは、アラジンにウーゴくんをしまうよう要請します。
制止も聞かず、ウーゴくんをしまっちゃうアラジン。
旅をしようって約束したよね! と言うも、アリババは一言謝って逃走してしまいます。
アリババがアモンの力を自在にしてる?!
窃盗団にも何人か眷属器?を持っている人がいたし、習ったのかもしれないな。
ショックなアラジン。なにか匂いを嗅いでいるモルジアナさん。

さてアリババはカシムとおしゃべりしながら寝床へ向かいます。
シンドバッドから身ぐるみはいだ3人が霧の団入りを志願しているみたいで。
眷属器って迷宮攻略者じゃなくても使えるのかなあ。
アリババは内心霧の団をやめたいと思っているみたいですが、カシムにお願いされて辞めるに辞められないようです。
なんか負い目でもあるのだろか。

寝室で人影を見るアリババ。
こ、これはモルさん?!
アリババも感づいて声をあげますが、誰も応えません。
気のせいか、と布団に横たわれば目の前にモルジアナ。
か、かっこいいですモルジアナさん!!

瞬時にアリババをとらえ、アラジンと話をするよう脅します。
それでも煮え切らないアリババにぶち切れて、モルジアナさんはアリババを抱っこし、町中を飛び回ります。
モルさんにお姫様だっこされたいけど…されたいけどこれは怖い。

一方で、シンドバッドたちはバルバッドの混乱が煌帝国の紙幣によるものだと突きとめました。
ここでも煌帝国ですかー。悪いお国ですえ。
白瑛ちゃんだけが唯一の良心なんでしょうか。

アラジンは部屋で1人、落ち込んでいました。
自分で自分を元気づけようとするも、脱力してしまいます。
そこに現れた救世主モルジアナさん!
正直滞空時間長すぎじゃないかと思いましたが関係ありません。
アリババ投げる必要があったのかもわかりません。

アラジンとアリババは、半年ぶりに会話を交わします。
アラジンとモルジアナの話を聞いて、アリババはやっと重い口を開きました。

回想です。
アリババはバルバッドの生まれでした。
娼婦の母と2人、スラムで生活していたんだとか。
カシムとはその時からの友人でした。
父親に捨てられたカシムとその妹を、アリババママは引き取って育てていました。
今、この妹がカシムのところにいないということは、死んでしまったか離れ離れになってしまったかどちらかが考えられますね。
それがきっかけでカシムはおかしくなってしまったのか。

そのうち、アリババママは病気で死んでしまいました。
カシムと3人、がんばって生きていくも、そのうちカシムは窃盗や強盗を働くように。
霧の団の幹部らしき3人はこのときからいたんですねー。

ある日、アリババは国王から自分の息子だから宮殿に迎え入れたいと言われました。
にわかには信じられなかったアリババですが、カシムに相談したら宮殿へ行けと。
それでケンカ別れするように出てきてしまいました。

数年後若いアリババは、宮殿の狭苦しい生活に飽きて、つい脱け出してしまいます。
真っ平らになった元スラム街で出会ったのは、成長したカシムです。
再会を喜びあいます。
元気になったアリババは再び宮殿へ戻っていきました。

後日、アリババは国王に呼び出されます。
兄2人はダメだから、おまえを頼りにしてると。
へー。この国王には好きな女性を奴隷身分から解放してまで一夫一妻の形に持っていったスレイマン大帝を見習ってほしいですね。
でもあれはロクセラーナの陰謀もあったから別か。
ていうか、前回シンドバッドと交渉していたのって王子だったんですか!

そこにカシム襲来です。
再会した時に聞いた、アリババ特製トンネルを利用していました。
ショックなアリババ。
それがもとで、国王も亡くなってしまいます。
ほほう、それで後継者争いに敗れたアリババは異国へ。
ダメダメな王子が後を継いで国は乱れる。
そんな感じでしょうか。
国王はずっと黒塗りでよかったのにな。
それともアリババはあの時初めて、国王じゃなく自分の父親だと思ったのだろうか。