読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YKTM

アニメ感想・考察ブログ

断裁分離のクライムエッジ13話感想

アニメ 断裁分離のクライムエッジ

そっちかー

断裁分離のクライムエッジ最終回13話「グレイランド・イズインザハウス」感想

 

森に火が回ってきたというので、祝ちゃんはエミリーをつれて逃げ出しました。
少女が幼女をおぶっている姿っていうのはまたすばらしいです。
すべてを許せるわけじゃないけど許してしまおうとしてしまう祝ちゃんすごい。

ほのぼの話していたら切くんがやってきました。
おびえて涙を流すエミリーにはなにかそそられるものがあります。

エミリーをかばって微動だにしない祝ちゃん。
切くんは変態的に祝ちゃんの体をぺたぺた触りまくった挙句
髪を切って満足し、気を失ってしまいました。
ひざをつく祝ちゃんのお尻が強調されているようでなんともいえません。

エミリーに助けられ、家に着いた祝ちゃん。
切は病院だろうか。
そこでお父さんの日記を肴に昔話です。
エミリーは胸のつかえがとれたのか、始終笑顔です。
髪おろしてるほうがかわいい。

果ては一緒にお風呂まで入ってしまう2人。
お父さんが生きてたら2人で仲良し姉妹のようになっていたんでしょうか。
すばらしいです。

何に怒っていたのか忘れちゃった、とエミリー。
私は不自然な白い光に怒り心頭です。
祝ちゃんはエミリーを抱きしめて、その人生を肯定も否定もしないであげるのでした。

さて切くん。
目が覚めても満身創痍、身動きひとつできません。
そこになんとウィッチーが現れました。
エミリーが敗れたことを悟り、切くんに会いにきたそうです。
なんだかんだでキスして祝ちゃんに嫉妬してるのだと告げ去って行ったウィッチー。
キスを奪われるのはてっきり祝ちゃんのほうだろうと思っていたのにまさかの切くんでした。

なんか…未来の映像が映ったんですが
もう続きはないってことなんでしょうか。