読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YKTM

アニメ感想・考察ブログ

ダンガンロンパ5話感想

アニメ ダンガンロンパ

絶望した

ダンガンロンパ5話「週刊少年ゼツボウマガジン 非日常編」感想

 

開廷しました学級裁判。
さっそく推理に取り掛かります。
すっかり裁判の主導権を持っている苗木くん。
凶器などの確認から入ります。

そうこうしていると主導権は十神へ。
彼はジェノサイダーショウの犯行だと言い張ります。
一見荒唐無稽な説を自信満々に主張できたというのも
彼はジェノサイダーショウの正体を知っていたからでした。
これまたゲームっぽい演出で腐川さんがジェノサイダーショウへチェンジします。
それにしてもよく苗木は一回見ただけの資料を事細かに覚えていましたね。

ジェノサイダーショウは人間としてありえないくらいの舌を出しながら偉そうにしています。
見ているこちらの息がつまりそうです。
しかしながら彼女は自分が犯人ではない、と言い張ります。
理由として、凶器が違うこと、被害者の性別がジェノサイダーショウのこだわりから反すること
をあげました。
なるほど彼女は特殊な性癖をもつ方のようです。

ジェノサイダーが犯人ではないといったところで
疑いはジェノサイダーの犯行特徴を知っていた十神へ移ります。
冷静な十神を不審に思いながらも問い詰める苗木。

ここらへん少しショックで記憶があやふやなのですが
なんと千尋は男の子でした。
私は前回、さんざん男の子にむかって「ちゃん」付けをしたり「かわいい」と言ったりしていたんですね。
モノクマはキャラクターだけでなく視聴者まで絶望のふちに叩き込むのが目的だったようです。

さて千尋ちゃん改め千尋くんが男の子だと判明したところで
十神は動揺します。
そのことから彼は犯人でないと推理する苗木です。
演技だったらどうするんでしょう。
どうやら十神は周りを試すため、あえて自分に疑いを向けるようさしむけたようです。

では真犯人は誰か?
ヤンキーの大和田くんでした。
前回の事件と同じく部屋入れ替えトリックでした。
トリックというより大和田のやさしさでしょうか。

つまり今回の事件は
殺害実行、部屋の入れ替え→大和田
ジェノサイダーの血文字などの細工→十神
と、2重にややこしくなっていたわけです。
3人が遺体を発見しなければモノクマの捜査開始チャイムが鳴らないということもポイントだったのですね。

おしおきだべーとばかりに
バイクに乗せられバターになってしまった大和田。
題名がまるまる差別用語だったせいで
今や売っているかどうかすらわからないかの絵本を思わせるおしおきでした。
内容いかんにかかわらず差別用語をなくしたところで差別がなくなるのかという問題はありますが
もしかするとこのおしおきはヤンキーという外見だけでいろいろな差別を受けてきたであろう大和田くんへのメッセージだったのかもしれません。
でも大和田くんは自分が好きでそういう差別されうる恰好をしていたのでたぶん関係ありません。

あいかわらず悪趣味なおしおきに
苗木たちは苦悩するのでした。

一方モノクマは誰かと談笑してました。
16人目の高校生とは?などいろいろ謎がちりばめられています。
それにしても腐川さんはこれからどうやってみんなと付き合っていけばいいのでしょう?