読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YKTM

アニメ感想・考察ブログ

ガリレイドンナ2話感想

星月ちゃんすてき

ガリレイドンナ2話「メシェ」感想

 

いきなりホラーチックな文体で「メシェ…」なんて出されては
うっかりどこかの忍者漫画かと勘違いしてしまいます。

冗談はさておきタイトルの「メシェ」とはメシエ天体のことでしょうか。
彗星と紛らわしい天体を区別したものですね。M1~100以上あるそうです。
ウルトラマンが来たM78星雲とは同名で別の物らしいです。

さて金魚で空族を撃退した星月ちゃん。
地上へ降りて家族と無事を喜びます。
1人で作ったのか、と問われ古い設計図をもとに作ったと星月ちゃん。
おやおやキテレツくんですか?
星月ちゃんはこれで日本へ行くつもりだったとのこと。
やはり自分のルーツを求めてしまうものなのでしょうか。
アメリカ人がヨーロッパを旅したがるのも同様の理由らしいですね。
逆にアジア系やアフリカ系アメリカ人はアジアやアフリカに行きたがるのでしょうか。

途中で星月ちゃんは本物の金魚を思い出し残骸となった家をさがします。
そこに警察がやってきました。
星月ちゃんは危機回避能力半端ないですね。

ひん死の金魚を抱えて星月ちゃんが走っていくと、くるくる巻き毛のお姉さんがいました。
金魚どうなったんです。
助力を申し出るアンナに、星月ちゃんは不審げです。

そんな彼女を納得させようと、アンナは星月ちゃんを連れて物陰から家族の様子を見させます。
そこには警察に銃をつきつけられているみんながいたのでした。
そのまま連れ去られてしまう家族たち。
星月ちゃん大ショック。
金魚どうなったんです。

さて神月、葉月、ママパパは牢獄入り。
ママだけが釈放されます。
ママを助けてくれたのは会社の社長でした。
しかし彼もまた「ガリレオの遺産」を狙う輩なのでした。
なんと。

パパのもとにもあやしい男がやってきて遺産のありかを聞きます。
ですがパパはガリレオの血筋からは外れていますし
当然遺産のありかを知る由もありません。
どうも男はそれがわかっていない様子。
ガリレオの子孫に遺産はどこだと聞いても
徳川家康の子孫に埋蔵金はどこだと詰めよるようなものではないのでしょうか。

はてガリレオの遺産ってなんじゃらほいと思っていたら
アンナちゃんがゆるーく解説してくれました。
ミルトンの『失楽園』に隠された暗号を解読したらガリレオの残した遺産、ガリレオテゾロの存在が判明したそうです。
失楽園』に暗号?と思いましたが
本文のほとんどを聖書や古典の引用で作り上げたミルトンさんならやりかねないかもしれません。

アンナの支持のもと、星月ちゃんは家族を救いに出かけます。
乗り込んだ金魚が小さいと思っていたら、パワードスーツのようなものだったみたいです。
こんなのも作ってたんですか。
金魚が二足歩行してちょっとびっくりです。

ところが熱調節器がいかれてしまいました。
イムリミットを気にしながら姉妹父母をさがします。
神月葉月、パパは探し出しましたが釈放されていたママには会えませんでした。

そこで体育会系というパパが代わりに金魚を身に着け囮になることとなりました。
神月ちゃんの体さばきは父譲りでしょうか。

3姉妹は無事屋上へたどりつき、ガリレオ号に乗り込みます。
これからどうするんでしょうか。
日本へ行くの?
それにしてもガリレオテゾロって金魚=ガリレオ号なんでしょうか。
そして父母どうなってしまうんです。