読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YKTM

アニメ感想・考察ブログ

ガリレイドンナ3話感想

アニメ ガリレイドンナ

次女はつらいよ

ガリレイドンナ3話「キンギョ・ライフ」感想

 

前回偉そうにメシェについてどうたら書きましたが
その実悪者の名前なだけでした。
そんな悪者のボス、メタンハイドレートについて演説中です。
現在はメタンハイドレートの奪い合いが起こっており、1話冒頭も空賊がその発掘現場を襲撃したところだったようです。
ということは日本周辺にあるというメタンハイドレートはすっかり発掘しつくされちゃった後でしょうか。
そしてこの会社、アドニムーンは世界で唯一と言ってもいいくらいメタンハイドレートを安全に輸送できるんだとか。
MOONはわかるとして、ADNIってなあに?と思い調べてみたら
アルツハイマーとか出てきてびっくりしましたが、ハンガリー語で「へ」という意味らしいです。
つまり奴らは月へ行きたいのか?

ところでママは記憶喪失になっていました。
日常生活などの知識はあるが、自己に関する記憶をすべて失っているとのこと。
別によくあるパターンです。なにも不思議ではありません。
私の知り合いでも過去何年間かの記憶だけすっぽり抜け落ちてしまった人がいますし。

さてそのころパパは無事に逃げていました。
携帯では探知されると思ったのか、それを壊し、別の手段で?星月ちゃんへメールを送ります。
父の無事がわかった星月ちゃんは大喜び。

一方で長女次女は今の環境に不満たらたらでした。
まあ長女の葉月ちゃんは警察とその後ろにいた親子にむかついているようなので
ガリレオの遺産に興味はありません。
深刻なのは次女のほうでした。
油臭いと文句を言いながら何かに手をだす神月ちゃん。
もしかしてガリレオ号を墜落させようとしてたんですかー。

神月は油臭さを落とすためシャワーへ。
葉月は食糧をさがしていました。
流れでうっかり神月ちゃんのシャワーをのぞいてしまう葉月。
うーん少女とはいえやはりこんな時は女性の顔になるのですねえ。

星月はなにか道具をとってきて作成中です。
AI金魚の名前はグランデロッソらしいのですが
そんなスタバのコーヒーみたいな名前覚えられません。
一応意味は「超赤い」とかそんなところだと思います。
余談ですがこの金魚めちゃくちゃかわいい。
星月ちゃんとか全員ちゃんづけなのがたまりません。
時代は無機物にきてるのでしょうか。

そうこうしているとコックピット?に全員集合です。
無線通信機を作ったと星月ちゃんは2人に渡し、携帯を破棄するよう求めます。
しかし携帯に好きな人の写真が入っている神月ちゃんは断固拒否です。
捨ててしまえ。
国際指名手配?されてしまった3姉妹に行くあてはありませんし。

神月ちゃんはストレスが半端ないのかシャワー室に閉じこもってしまいました。
そこにさすがお姉ちゃん、葉月が星月の願いを神月に伝えます。
離散してしまった家族ともう一度仲良く暮らしたいという星月ちゃんのささやかでいじらしい願い。
うう、なんという健気な子でしょうか。

なんだかんだで悪者息子に襲撃されてしまったガリレオ号。
すごくピンチです。
星月ちゃんが大事に持っていた望遠鏡がガリレオのスケッチの入れ物だとわかり
神月はそれをメシェに渡してしまうよう要求します。
が、2人には受け入れられません。
神月ちゃんは星月ちゃんにものすごいコンプレックスを感じているのでしょうか。
それとガリレオの子孫ということにもものすごい拒否反応を示していますし。
まあ高校生?はこんなものでしょうか。
ガリレオ号に肉体連動型の攻撃タイプ実装してて神月ちゃんの身体能力を活かして無事息子撃退といくのかなーと思ってましたがそんな安直な展開にはなりませんでした。

結局まさかの空賊に助けられ、ガリレオ号は雪原に降り立ちます。
泣きながら星月ちゃんの願いがかけられたお皿を割ってしまう神月。
一番精神的にもろそうなのは彼女ですね。
変な行動して周りに責められないか不安です。
あとたぶん写真の男は性格悪いのでやめたほうがいいです。

葉月はガリレオの遺産を追うと決意。
そして星月ちゃんは自分だけが知る、ガリレオのスケッチに込められた恋心を眺めているのでした。
これはもしかしてガリレオの遺産=愛する人との子孫ですよー的な感じなのでしょうか。
ガリレオならこれすら暗号にするかな…。
どうも私はガリレオダヴィンチの区別がよくついてないようです。

スケッチの端っこに音符を見つけてなにかのヒントになるのでしょうか。
フラット2個なので変ロ長調ですねーいわゆるベー管楽器の音階ですねー。