読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YKTM

アニメ感想・考察ブログ

ラブライブ!2期8話感想

祈りましょう のんたんのために

ラブライブ!2期8話「私の希」感想

 

のんたんの想いがわかった話でした。
これまで彼女が抱えてきた孤独を考えると夜も眠れません。
希ちゃんのために普段とは打って変わって無茶にがんばる絵里ちゃんもかわいらしくまたμ'sメンバーの私服もすばらしかったです。
1期で真姫ちゃんの背を押したのぞみんが2期で真姫ちゃんによって背を押されるというのもいい演出です。
そしていよいよスノーハレーションが現実的になってきました。
途中のもぎゅっとloveで接近中のPVみたいなシーンもよかったです。

9人はやっぱり多かった

ラブライブ予選へむけて4チームが会見です。
その中でも一段と大人数なμ's。
やはり9人は多いんですねえ。
現実世界で100人超えのアイドルとか見ていると感覚が鈍ってきてしまいます。

ラブソング!

アニメ版だと本当にアニメで放送した以外の曲は作っていないことになっているんですね。
ふと思い返してみれば1期でも
ススメ→トゥモロウ
START:DASH
これからのSomeday
僕らのLIVE 君らのLIFE
ワンダーゾーン
No brand girl
と全部応援ソングでした。
μ'sの応援ソングはとても好きですが、やはりアイドルといえばラブソング。

かよちんもそう言っています。
ところで真姫ちゃんが1期で歌っていた愛してるばんざーいはアニメ版μ'sの曲としては
発表していないのでしょうか。

本気にこにーかわいい

やはりアイドルを知り尽くしているだけあってかにこにーは魅力的な見せ方を知っています。
素の時も十分魅力的なんですけどね。
また違った姿もいいものです。

御茶ノ水の1年組

えりちとのぞみんの様子を不審に思った真姫ちゃんはそれをりんぱなに伝えます。
ここは御茶ノ水じゃないですか。
普段あまり聖地などには興味がなかったのですが御茶ノ水は仕事で何回か通っていた場所なので一目でわかりました。
真姫ちゃんや凛ちゃん花陽ちゃんと同じところにいたのかと思うと感慨深いです。
こういった感覚になるために聖地巡礼があるのでしょうか。
靴を脱いでる凛ちゃんもハンカチひきの凛ちゃんとの整合性があって好きです。

映画鑑賞

私服μ'sかわいいですねえ。
ともあれ恋愛映画は肌に合わなかった穂乃果ちゃん凛ちゃん。
穂乃果ちゃんは「スパイダーマン」とか「アベンジャーズ」を見てそうですね。
凛ちゃんも同じくヒーローものかなあと思いますが「仮面ライダーVS仮面ライダー」とか見ていてもかわいいです。
ことりちゃんは「プラダを着た悪魔」とか似合いそうですねえ。リメイク版「イルマーレ」も見てそうです。
絵里ちはロシアの血が入ってますし「ストーカー」一択でしょう。「ブラックスワン」見て泣いていたらかわいい。
花陽ちゃんはなんでしょうか…恋愛よりも「かもめ食堂」のイメージが強いです。「この森で、天使はバスを降りた」だと少し重すぎでしょうか。
海未ちゃんはBBC制作の「ディープブルー」しかないでしょう。
真姫ちゃんは難しそうな映画見てそうですね。「インセプション」とか「クラウド・アトラス」とか。あとは「アマデウス」とか。
希ちゃんはやはり「シックスセンス」とかなんでしょうか? 「ホーム・アローン」が好きでもかわいいですねえ。
にこにーはまんべんなく批評的な目で見つつも一番好きなのは「ブリジッドジョーンズの日記」だといいです。

カードがある

結局ラブソングは無理ということでお開きになってしまいました。
なんだか納得のいっていない絵里ちゃん。
これ(カード)があるからいいんだ、μ'sの気持ちが大事というのんたん。
カードがあるからいいというセリフ、8話を見終わった今となっては非常に切なく響きます。

踏み出せないみんなを見ていた踏み出せないのんたん

μ'sはそれぞれ何かを抱えつつ踏み出せない子たちの集まりだったんですね。
だから彼女たちの応援ソングは訴えかけてくるものがあるのでしょうか。
みんなで食べるほむまんはうまかろう。