YKTM

アニメ感想・考察ブログ

リトルウィッチアカデミア6話感想

6話にして一般社会側から見た魔法界が描かれました。これまではアッコ(一般側)から見た魔法界、もしくは内部での評価ばかりでした。ともすれば重たくなってしまう話もハンサムを出すことで緩和です。 また、アッコにも精神的成長が見られそうでこれからが…

リトルウィッチアカデミア5話感想

物語を牽引する役割ではありますが、最近とんと良い所がないアッコ。 今回もダイアナがその知識でさくっと解決してしまいました。ただアッコの熱意がまったく空回っているかというとそんなことはありません。というところが上手いバランスですね。 ファンタ…

リトルウィッチアカデミア4話感想

信じる心があなたの魔法、と毎回書いている気がします。 が、それだけこのアニメがテーマをしっかりそれに据えてぶれずにやっていることなのかなとも思います。 変わらずアッコたちの友情が眩しい4話感想です。 リトルウィッチアカデミア4話「ナイトフォール…

リトルウィッチアカデミア3話感想

誰も熱意は止められない!とばかりに話も展開も超スピードでした。 1、2話とできあがってきた人間関係を土台に魔法の使い方が明らかになるなど、相変わらず見ていて楽しい話でした。 流星丸に意思があるなら、QUEENの「Don't stop me now」の歌詞のままの気…

リトルウィッチアカデミア2話感想

本格的に始まった魔法学校での生活。 そんな中でアッコと、その対極とも言える存在ダイアナを介してそれぞれのキャラクターを描写したような話でした。 そして1話ではアッコの視点でしか語られなかったシャイニィシャリオが魔法界においてどのように扱われて…

リトルウィッチアカデミア1話感想

思ったよりハリー・ポッターでした。 しかしハリー・ポッターシリーズも王道ファンタジーの系譜を継いでいることを思えば、単純に王道的なファンタジーは似てしまうのかもしれません。舞台も現実世界に魔女という存在・架空の生き物が添えられている感じで同…

終末のイゼッタ12話感想

きれいに終わりました。 あんまりきれいすぎて特に言うことはありません、な最終話感想です。 終末のイゼッタ最終回12話「イゼッタ」感想

終末のイゼッタ11話感想

最後にフィーネとイゼッタ、互いの絆を確認していよいよ最終決戦です。 エイルシュタットはベルクマンを迎え作戦の勝利を狙い、ゲルマニアも迎え撃つ準備は万端な11話感想です。 終末のイゼッタ11話「フィーネ」感想

終末のイゼッタ10話感想

繰り返し提示された「うまく行き過ぎて慢心した(しっぺ返しをくらった)」というセリフは、そのままこのアニメにおける世界のルールなのでしょう。 今回しっぺ返しをくらったのはフィーネ(エイルシュタット)、ベルクマンでした。反面、勢いづいているのが…

終末のイゼッタ9話感想

最後の魔女の前に立ちふさがったのはかつてエイルシュタットを救ったはずの白き魔女でした。魔女同士の戦いはとても一般人には介入できるようなものでなく、すべてゲルマニアの思惑通りです。 おそらく捕えられたであろうフィーネたち、そしてイゼッタはどう…

終末のイゼッタ8話感想

白い魔女の秘密を探るリッケルト、秘密を守るビアンカの2人を中心とし、おとぎ話のような雰囲気で進行した8話。 ひたすら戦争の哀しさを描写していくなかで、世界情勢も動きだします。ついでにゲルマニア側の魔女?も動きが見えました。 今のところエイルシ…

終末のイゼッタ7話感想

折り返しの7話、魔女という飛び道具を手に入れたのだとしてもエイルシュタットとゲルマニアの力関係は変わっていないのではないかと感じられる今回でした。 魔女の秘密がバレ、ゲルマニアに作戦は筒抜け…と、この先大丈夫なんだろうかと心配になる7話感想で…

終末のイゼッタ6話感想

穏やかな日常の裏で戦争の生々しさが描かれました。 フィーネは汚れ仕事を担っている者がいることに気づいているのかいないのか、どこまでも気高く為政者たらんとしています。反面、イゼッタは覚悟を決めたような表情を見せました。 次回からはブリタニアへ…

終末のイゼッタ5話感想

魔法の動力の秘密が明かされた次の話で、さっそく魔法が使えない場所でどう振る舞うかが大きな問題となりました。 イゼッタの「役に立てるかどうか」を気にするような自己肯定感の低さはやはり幼少期の思い出に由来するのでしょうか。 月刊パンツァーに特集…

終末のイゼッタ4話感想

魔女の秘密が明らかになり、白き魔女の伝説についても人間側と魔女側で伝わっている印象が違うなど、ふんわりしていたものがはっきりし始めました。 一方でゲルマニア帝国の皇帝もイゼッタの実在を確信してしまいました。 イゼッタとフィーネが改めて手を取…

終末のイゼッタ3話感想

本格的に参戦することになったイゼッタ。 フィーネにしても、イゼッタにしても、その覚悟が決まるまでの話でした。 昔から魔法のせいで疎まれてきたイゼッタが、戦争になると「白き魔女」としてもてはやされるのは、かつて吉田茂が自衛隊に対して言ったこと…

終末のイゼッタ2話感想

フィーネとイゼッタの過去が少しずつ明らかになってきました。といってこれが全てなのかもしれませんが。 魔法でピンチを潜り抜けましたが、状況が悪いことに変わりはありません。 イゼッタとフィーネの関係にいいぞ~となりつつ、うっちーがいつ話すのか気…

終末のイゼッタ1話感想

タイトルの横にこちょこちょっと書いてある「Izetta,Die Letzte Hexe」はドイツ語で「イゼッタ、最後の魔女」です。日本語タイトルの「終末」は同じ意味なのでしょうか。「終末」は「物事のおわり」の意味であることから、先述の意味に加えて「戦争のおわり…

91Days12話感想

「かいくぐり」は漢字にすると掻い潜り、意味としては「危険のある場所をうまく通り抜ける」になります。 汚れつちまつた空をかいくぐってたどり着いた先は、海でした。 同時期に放送していたラブライブ!サンシャイン!の海とは似ても似つかない、乾燥した…

91Days11話感想

これまで91日間、復讐の瞬間まで溜めに溜めてやってきたアンジェロ。ついにやってきた結実の時も、一筋縄ではいきません。 初めて「復讐する自分」に対して懐疑的になるなど、コルテオの死が落とした影はあまりに深く大きい物でした。これまでの7年間はヴィ…

91Days10話感想

嵐の前の静けさというか、冥土の土産に平穏な時間を過ごせたアンジェロ。 失うものもなくなってあとは復讐を果たして死ぬだけです。 本人もすっかり死ぬつもりですが、これで生きて地獄を見るしかなくなったらなんという皮肉でしょうか。 7年前に手を振った…

91Days9話感想

計画も作画も崩れていく9話、感想です。 91Days9話「黒ずんだ野望」感想

91Days8話感想

帳の陰、Behind the curtainは「黒幕」だとか「秘密裏に」という意味を持つ英熟語です。 ここでの意味は後者でしょうか。 また、日本語の「帳」には「物をおおいかくすもの」という意味がありますので、ファンゴがカーテンにくるまれて殺されゆくのも、裏切…

91Days7.5話感想

ラクーザじゃなくてラグーザじゃん!! 過去記事はそのうちに直します。 他、4話は丸々カットと今後の話にゴリアテは一切必要なかったことが明らかになった7.5話。 話の感想というよりは今までの情報を整理してみたいと思います。 91Days7.5話「短いローソク…

91Days7話感想

いよいよ泥沼化してきたヴァネッティファミリー。 アンジェロの復讐が怖いくらいうまくいってその内どんでん返しがあるのではないかと思ってしまいます。 そしてイメチェンしたファンゴ。 ローレスという街はどこへ行くのでしょうか。 今週は社畜モード全開…

91Days6話感想

豚(オルコ)を殺しにって、あんまりじゃないですか! しかし西洋において豚はかなり賢い動物として認知されています。オーウェルの「動物農場」なんかでもリーダーシップを取ったのは豚でした。 ところがアンジェロの策にはまってしまったドン・オルコ。ラ…

91Days5話感想

旅は4話こっきりで終わり、戻ってきたローレスの街は以前と変わってしまっていました。 アンジェロとネロ、そしてコルテオと、それぞれ関係性が作り上げられたり変化したりする中で、ただアンジェロの目的だけはぶれずに残っています。 血(暴力)が血を呼ぶ…

91Days4話感想

息抜き回とでも言うように初めてギャグ風の描写が入りました。 内容も特に本編と関係ない…と見せかけて7年前に対するアンジェロとネロの認識の違いが浮き彫りになった回でもありました。 ラクーザがどうしてもラグーザに聞こえてしまう4話感想です。 91Days4…

91Days3話感想

ローレスという街の中でアンジェロがどう過ごしていくのかと思ったら 3話にして街を飛び出してしまいました。 ネロの態度も思わせぶりなところがあり、これから先どう展開していくのかさっぱり予想がつかないですが3話感想です。 91Days3話「足音の行先」感想

91Days2話感想

本格的に復讐が始まった91days。 ところが初っ端から雲行きは怪しいです。 他、3カ月というワードがちょこちょこ見え始めました。 一体誰にとっての、そしてどこから見ての3カ月=91daysなのか気になりつつ以下感想です。 91days2話「いつわりの幻影」感想